2018年06月13日

阿蘇は生きている(4)

 阿蘇ユースホステルに泊まった。風呂に浸かっていると、若い子が声をかけてくれた。年齢の差も忘れて楽しくおしゃべりした。とはいっても、この時の自分はまだ30ちょっと過ぎだったわけだが。同室には都内の日本語学校に通っていた台湾の若者もいた。帰国する前に九州と北海道を旅行すると言っていた。
 翌朝、台湾の若者陳さんと草千里に向かった。バスで山道を上っていると、同室だった学生二人が歩いているのが目に入った。ユースホステルの宿舎と食堂の間をうろついてた犬もいたので、バスの中から手を振ると応えてくれた。
 昨日も来た草千里に降り立った。天気は相変わらず曇。からっと晴れ上がってくれない。どうしようかと思った。陳さんは歩いて阿蘇山西駅まで行くらしい。写真を撮って別れを告げると、陳さんは「また会うよ」と答えた。「再見」を直訳したのだろうか。
 僕は阿蘇火山博物館の向かいにある「オルゴール響和国」という小さな博物館に入った。その地下には、近代ヨーロッパの大型オルゴールの名品が展示してあり、典雅な響きを実際に聞かせてもらった。大きな洋画が飾られた内部は、さながら貴族の館といった趣だった。ゼンマイ仕掛けで、鳥かごに入った剥製の小鳥が、嘴と首を動かしながら、ふいごの力でさえずるからくりには舌を巻いた。
 上の階には、人の拍手で反応する人形のオルゴールなど、現代の家庭向けの機械が並べてあった。オルゴールというものは、レコードが生まれる前の自動演奏機ぐらいにしか考えていなかったが、自然の神秘を模して人造人間、ゴーレムを造ろうとした危険な情熱につながるものを感じた。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:19| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

喜多郎の《シルクロード》

 NHK特集『シルクロード 絲綢之路』は1980年4月から1年間放送された。石坂浩二のナレーションとともに背景に流されたのが、喜多郎のシンセサイザーである。コンピューターが作り出す人工的な音が、大自然の神秘を象徴するようなマンダラを生み出す。シルクロードという番組の魅力は、撮影された西域の映像と石坂浩二の肉声、喜多郎の音楽三つが融合して生まれたものである。
 喜多郎が選ばれたのは、《OASIS》というアルバムを、チーフプロデューサーの玉井勇夫氏が聴いたことによる。たしかに、このアルバムはサウンドトラック《シルクロード 絲綢之路》に通じる美しさとダイナミズムがある。喜多郎の音楽は、映像がなくても想像力を喚起する。何度聴いても飽きることがなく、心の安らぎとともに、時空を超えた世界に誘ってくれる。
 番組の放送が終わった後、僕はカセットテープで販売された音や、MIDIによる機械演奏、オーケストラによる演奏なども聴いてきたが、やっぱり喜多郎自身によるシンセサイザーにまさるものはなかった。
 ただ、1980年代の録音技術は、現在と比べば劣る。最新のリマスターを施し、UltimateHQCDから再生された曲は、霞のない澄み切った音の世界にいざない、脳裏に幻像を生み出してくれた。これは新たな《シルクロード 絲綢之路》との出会いである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 14:59| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

ジョージ・ベンソン George Bensonの《ブリージン》Breezin'

 ジョージ・ベンソンを知ったのは、パソコンテレビのGyao(https://gyao.yahoo.co.jp/)でのライブ映像だった。乗りまくってギターを弾き、男性的な美声で歌っているさまに、会場の観客は熱狂していた。このアルバムの主題曲 Breezin'ブリージンの映像はYouTubeで流れているのを見た。弾き終わったときのベンソンの陶酔も見ものだった。
 ただ、このアルバムの良さを本当に知ったのは、e-onkyo(http://www.e-onkyo.com/music/)でmqa版のハイレゾで聴いてからだった。すべての霧が晴れて、隔てている膜が除かれ、ベンソンが目の前でエレキギターを弾き、歌っているのを感じた。伴奏の電子ピアノやドラムのリズムも、輪郭がくっきりするほど分離しており、臨場感がすばらしい。ライブの会場にいるようなものだ。マスカレード This Masqueradeの歌声は最高だし、シックス・トゥ・フォー Six To Fourでのエレキギターのうなりは、ファンを悩殺するに違いない。
 私の主張 Affirmationは、ギター演奏の魅力を前面に出し、叙情性とポップなリズムが融合したもの。これが愛なの? So This is Loveでは、恋のやるせなさを演出し、愛するレディ Ladyのひたむきな献身を感じさせる響きで、最高のひとときは幕を閉じる。ベンソンの魅力は音との一体感で生じるのであり、だからこそ、最高の音質で聴きたいものである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:37| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする