2018年05月22日

しまなみ海道は尾道から(8)

 円柱状の展望台に上ると、屋上に出られる。そこからは尾道水道の全体が見渡せる。東側の新尾道大橋はかすむほど彼方にある。しまなみ海道を走る車が通るが、街の中心から向島に渡るのは、今でもフェリーが現実的なのだ。すでに午後三時を回っており、西側の水面は白く光っている。
 千光寺に行ってみることにした。ただ、昨日弥山を急いで下ったせいで、かなり足が痛い。引きずるようにして、一歩一歩下りていく。こんな具合では、猫を探して尾道駅まで路地を巡るというのも、所詮は無理な話だったのである。
 尾道は文人に愛された町でもある。文学の小径には十返舎一九の「日のかげは青海原を照らしつゝ 光る孔雀の尾の道の沖」という短歌や、正岡子規の「のどかさや 小山つづきに塔二つ」という俳句、志賀直哉の『暗夜行路』や林芙美子の『放浪記』の一節を記した看板が並んでいる。途中で狭い岩の間を過ぎる。千光寺はさらに下にあった。
 真言宗の古刹で、正式には大宝山権現院千光寺という。多くの伽藍が急斜面に建っている。十二支の守り本尊の石像が並んでいる。本尊千手観音は秘仏なのだそうだ。線香の煙が流れ、崖にそそり立つ本堂の奥から読経の声が聞こえる。いかにも霊場という感じがした。本当はゆっくり巡りたかったが、そんな時間はないと友人に言われた。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:15| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バタイユ Bataille 試論(pdf)

 20世紀フランス文学の重要な作家・思想家のジョルジュ・バタイユ Georges Batailleを、文学と哲学の両面から紹介した「バタイユ試論」を、パソコンですぐに開けるpdfで配信します。バタイユは「私は哲学者ではない聖者だ。でなければ狂人だろう」と書き、サルトルから「新しい神秘家」として批判されながらも、フランス思想文学の作家として多くの著作を残しました。
 本書はバタイユの短編『マダム・エドワルダ』の紹介に始まり、ニーチェやヘーゲルの哲学との関連を述べた後、長編『C神父』を『エロティシズム』で論じられた思想や、未知の対象に立ち向かう作家という立場から分析します。さらに、バタイユに特有な過激な形容詞の使用から、文学は宗教に代わるべき存在であるという、バタイユの文学観にまで触れます。
 以下のリンクからダウンロードして下さい。Adobe Acrobat Readerの「フルスクリーンモード」だと、バーチャルな書籍がモニターに再現されます。
Bataille.pdf
 iTunesからダウンロードする場合は、マイミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:45| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする