2018年05月17日

mqaファイルはすごい音がする

 ウォークマンのAシリーズを買ってから、音楽漬けになっている。CDをアップサンプリングして、擬似的なハイレゾにすると、ミュージシャンがスタジオで演奏している時の生の音楽、魂に響く痺れるような感覚が味わえるのを知っていた。
 ただ、CDをいちいちパソコンに入れ、コルグのDACにヘッドフォンつないで、テーブルの前に座りきるのは億劫だった。それがflac形式に可逆圧縮したファイルをウォークマンを突っ込めば、ポケットに入れた端末から、悩殺されるような音が聞こえるんだから、リズムに乗って踊ることもできるし、ソファに寝っ転がって夢見心地に陥るのも気持ちいい。これって音楽中毒だな。
 ハイレゾのファイルは三千円とかするから、気軽に買えない。もしCDをたくさん持っているなら、好きなアルバムをflacにして、「DSEE HX機能」をオンにして聴いてみよう。音楽って全身で感じるものだったというのが分かる。以前、購入したハイレゾのファイルと、アップサンプリングしたCDの音は、ほとんど区別がつかない。CDにない音を、データベースに基づいて補完しているからである。mp3をアップサンプリングした場合には、迫力は増しているものの、音の粗さに気づいてしまう。
 ハイレゾは値段が高いばかりでなく、容量が半端なく大きいのがネックである。CD程度の大きさでハイレゾと同様の高音質を実現しているというのが、mqaファイルである。MQA-CDからflac形式でリッピングしても、mqaの高音質は維持される。ただし、拡張子をmqa.flacというふうに変更する必要がある。これによって、ウォークマンや対応するDACに、mqaにたたみ込まれた高音質の部分を、展開するように指令を出すのである。
 僕はe-onkyo(http://www.e-onkyo.com/music/)でジョージ・ベンソン George Benson の《ブリージング》Breezin'を購入した。何度か聞いたことがあるアルバムだが、これには驚いた。霧がすっかり晴れた青天を見るようで、演奏の場にいるような感覚を得たからである。
 mqaの特徴は高音質を小さな容量にたたみ込むだけではない。従来のハイレゾでも、デジタル化する際に発生したわずかな音のぶれを、すっかり解消する技術なのである。これはいい。ハイレゾ買うならmqaだなと思ってしまった。ただ、いきなり買うのはと考える場合には、試聴してみるのがいいだろう。mqaをはじめとするさまざまな形式のファイルを、試聴させてくれるサイトへのリンク(http://www.2l.no/hires/)を貼っておこう。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 05:18| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする