2018年05月04日

SONYのWALKMANを買った(3)

 ソニーのウォークマンが優れているのは、音質だけではない。パソコンの音楽ファイルをデジタル出力し、ウォークマンの音質にアツプサンプリングするDACの役割も果たすのである。パソコンのファィルを再生する際は、Sony USB Device Driver(https://www.sony.jp/support/walkman/download/driver_usbdac/)というドライバーをインストールしておく必要がある。パソコン側のプレーヤーは、asioに対応しているものなら動くが、ソニーのMusic Center for PC(https://musiccenter.sony.net/ja/)に最適化されている。余りに多数のファイルを自動で登録することは、ファイルを管理する上ではお勧めできない。パソコンのメモリが不足して、雑音が混じる原因ともなるので。ハイレゾか、CD音質以上のものだけを、手動で登録して管理した方がいい。
 その他、ハイレゾでストリーミング配信しているPRIMESEAT(https://primeseat.net/ja/)の場合も、ドライバーを指定すれば聴くことができる。また、CD並みの容量でハイレゾを再生するというmqaファイルにも対応している。mqaについては、拡張子がflacやaifとなっているので注意「.mqa.flac」や「.mqa.aif」というふうに、拡張子の前に「.mqa」をつけることで、動作のもたつきを防ぐことができる。MQA-CDについては、以下のページ(https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1050261.html)に詳しい。
 パソコンにいちいち取り込まずに、CDをハイレゾ化しながら聴くには、Music Center for PCの「設定」で「CD取り込み・再生」の項目において、「自動的にCDを再生する」にチェックを入れるだけ。ウォークマンをパソコン本体に接続したらDAC機能に切り替え、パソコンにCDを挿入すればいい。これでウォークマンで設定した通りにCDがアップサンプリングされて再生される。コンサート会場やクラブ風にしたり、仮想のアンプを加えたりで、ものすごい迫真性になる。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:01| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする