2018年04月21日

しまなみ海道は尾道から(2)

 電動自転車で尾道旧市街から見るのと思っていたら、友人はしまなみ海道の方を先に行きたいと言った。とはいっても、今日の夜には帰らなければならないので、サイクリングは時間の許すところまででUターンすることとになる。
 ただ、しまなみ海道といっても、自動車と自転車では通る道が異なる。自動車は有料の自動車道を走るのに対し、自転車は一般道を進んでいく。入口からして異なる。自動車は新尾道大橋を渡るのに対して、向島(むかいしま)に渡るのは昔ながらの渡し船である。
 この向島は最近、しまなみ街道沿いに松山から脱走してきた囚人が潜伏していることで有名になってしまったが、それは今回の旅が終わってからの事件である。島の名前は尾道の向かいにあるところからついたのだろうが、もともとは七つの島だったものが、走っていた瀬戸がつながって一つになったのだという。道理で平坦でだだっ広いわけである。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:22| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする