2018年04月13日

ぼくがダライラマ?(44)

 テーブルにはヤクの肉塊の焼き物が出され、続いてクーラと呼ばれるパンケーキや、トゥクパという挽肉入りのうどんも出された。これはメンパ族が好んで食べる物だった。
「まだ何か足りないとお思いのようですな」
 摂政は意味ありげな笑いを浮かべ、奥方の方に顔を向けた。すると、召使いがあわてて部屋の外に出ていった。少しして手を引いてきたのは……。髪飾りをつけて、化粧をして澄ました顔はしていたが、あの娘じゃないか。日暮れ時にポタラ宮裏の神殿前に現れ、竜女か夜叉のようにぼくの心を惑わし、風とともに消えていった女!
 はっとした。摂政はこちらの動揺を読み取っているようだった。平静を装おうとして、顔が赤らんでいくのを感じた。恐る恐る娘の方に目をやると、何て気丈な女なんだ。顔色一つ変えずに、無言で軽く会釈すると、母親の横に腰を下ろした。
「猊下はご存じのようですな」
 ぼくは答えられずにうつむいた。すると、娘はいぶかるような目をして、口許に皮肉めいた笑みを浮かべていった。
「父上は人が悪いようですわ。猊下は困ってらっしゃる……」
 摂政が切り出すと、ぼくは動揺を隠せずに下を向いた。娘はいぶかるような目をして、父親をなじるように言った。
「存じ上げませんわ。猊下のお姿を間近に拝見したのは、今回が初めてですわ」
 すると、奥方が娘の話を受ける形で続けた。
「猊下には一生、清浄な身でいていただかなければなりませんものね。若い娘に興味などお持ちにならないはずですわ」
 そう言いながら、奥方はまたぼくの顔を眺め回すのだった。いけ好かない夫婦だとぼくは思った。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:57| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする