2018年04月11日

厳島神社と弥山(6)

 坂道を上っていくと、宮島ロープウェイの駅があった。今回は定期点検整備で運休中とあった。予定がすっかり狂ってしまう、どうしようかと思ったが、弥山に登るのが今回の旅の目的だったので、古人のように徒歩で山頂を目指すことにした。
 とはいっても、まだ三月の初旬である。空気は冷たく、汗をかくとたちまち体温を奪われ、鼻水が出てきてしまう。上着を脱ごうにも、下着はすでにぐっしょりである。ひたすら石段が続き、しかも、段差が大きいので、連続して上ると息が切れそうになる。鬱蒼とした森の間を行くので、視界も開けずどこまでも薄暗い。
 気が滅入ってしまいそうになった。ニキロぐらいだから、すぐに登頂できると思ったが、この体調では二百メートル進むのにも骨が折れる。
「諦めて下りる?」
 苦しそうにしている僕を見て、友人は気遣ってくれたが、ここで諦めるわけにはいかない。山を登るということ自体が、かつては修行だったんだな。気を取り直してまた上っていく。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:10| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする