2018年04月08日

『オーラ!? 不思議なキルリアン写真の世界』

 子供の頃、僕は暗い部屋の中で、額の辺りに黄色い輪状の光が見えた。缶詰のパイナップルみたいな形で、内側は紫色をしていた。誰にでも見えるものだと思っていたが、そうではないらしい。高校生になると、オカルトの世界に興味を持ち、暗い部屋でオーラを見る練習をしたりした。手から光は見えなかったが、湯気のようなものが指先から出ているのは分かった。
 一九八〇年代には、オーラを撮る写真というのが流行っていて、僕も撮影してもらったことがある。顔の周りに色のついた光が重なっていた。どのチャクラが活性化しているかによって、光の色が異なってくるという説明だった。撮影方法の詳細は分からなかったが、キルリアン写真の方法を応用しているらしかった。
 人間の掌や木の葉から光を発している写真で、生体のオーラに反応した色の光が出ると言われていた。生物には「気」というものが流れている。気功やヨーガをやっている人なら分かるだろう。それは熱の塊のようなもので、意識によって移動させることもできる。だから、キルリアン写真がオーラを写したものだという説明に、当時は疑問を抱かなかった。
 今回、『オーラ!? 不思議なキルリアン写真の世界』という写真集を見て、その謎が解けた。人の手や昆虫、木の葉、花ばかりか、握り寿司や竹輪、果ては鍵からも不思議な光が出ているではないか。これはオーラでは説明できない。巻末には種明かしがしてあった。被写体に高電圧をかけ、放電を写真に撮るというのである。これなら、湿気のある物なら何でも写せるし、金属が光を発するということも納得できる。
 理系の友人に見せたら、美しい色には興味を示したが、「プラズマでしょ」とすぐに答えが返ってきた。体にたまった静電気が、ドアのノブに触れた途端に、パチッと痺れるのも放電である。ただ感電したり、火傷したりする危険があるので、キルリアン写真を素人が撮るのは危険である。
 キルリアン写真がオーラを写したものではないのは分かったが、これでオーラや気が存在しないということにはならない。動物の神経には微弱な電流が流れているから、生体の外側に磁場のようなものがあっても不思議でない、と考えられるからだ。

参考文献
『オーラ!? 不思議なキルリアン写真の世界』(写真 谷口雅彦 実験・文 川口友万 双葉社)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


posted by 高野敦志 at 03:53| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする