2018年04月07日

ディーパック・チョプラ/ルドルフ・E・タンジ共著の『スーパーブレイン』(2)

 ディーパック・チョプラにとっては、意識は脳が生み出したものであるとする物質主義の立場も、克服すべき誤りである。その反対に、意識が脳を生み出したのだという主張である。その根底には、インド思想と量子物理学が共有する立場がある。
 インド思想のうち、大乗仏教の唯識派では、世界は心が生み出したものに過ぎないと主張する。一方、量子物理学では、量子は波動であるか粒子であるか、確定することができないとされる。観察者の意識が関与することで、確率として存在する可能性が、現実として現れるとされる。人間の周囲に存在する対象は、見えるままに実在するわけではない。固体や液体、気体に見える物も、実際には量子の状態であって、それを観察する意識が物質として理解しているだけである。したがって、意識を変えれば、現実は異なった様相を帯びてくる。
 脳が進化したのも、意識が拡大したからだという。結びつきが強い人間同士は、たとえ空間的に離れていても、生理的に影響し合うことは実験で認められている。独立した脳が意識を生み出しているとしたら、こうした現象は説明できない。個人の意識の底に、共有する精神があるからこそ、空間を超えた情報のやりとりや、共時性といった現象が起こるというである。個人の意識というものは、宇宙に存在する精神という海に立つ波の一つであって、肉体が滅んだとしても、波を生み出した精神そのものは存続すると考えるのである。


参考文献
ディーパック・チョプラ/ルドルフ・E・タンジ共著『スーパーブレイン』(村上和雄監訳/大西英理子訳 保育社)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 10:44| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする