2018年04月24日

制作されなかった続篇

 渥美清の死とともに、「男はつらいよ」のシリーズは制作が困難になった。「寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」は、かつての作品を再構成したものである。ただ、山田洋次監督の脳裏には、「寅次郎紅の花」より先の物語が構想されていた。
 そこで、西田敏行を代役に立てて、続篇を制作するという案が出たが、山田監督は固辞したという。「男はつらいよ」というシリーズは、渥美清という俳優がいたからこそ成立した映画だという思いが強かったからである。
 このシリーズが未完という印象が強いのは、甥の満男と泉の関係が中途半端なままだからである。「寅次郎紅の花」で満男が泉の結婚式をぶち壊したのは、未撮影の「寅次郎花へんろ」で、満男が泉と結婚するという構想があったからである。それを見届けた寅次郎は、テキ屋稼業から足を洗い、幼稚園の用務員として働くことになる。寅次郎の最後のヒロインとなるのは、幼稚園の園長役となる黒柳徹子の予定だったという。子供たちと隠れん坊するうちに寅次郎は息を引き取り、町の人たちが寅次郎の思い出にお地蔵さんを作るという結末だったという。
 満男を泉と結婚させてあげたかったのだが、最後のヒロインがリリー役の浅丘ルリ子でなかったら、「男はつらいよ」のシリーズの印象は異なってしまっただろう。また、シリーズを完結させるためとはいえ、末期癌で苦しんでいた渥美清に、息を引き取る場面を演じさせるのも酷だったろう。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:22| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇(第49作)

 テレビ版で奄美大島にハブを捕りに行き、逆に噛まれて「死んだはずだよ寅次郎」が、視聴者の抗議で映画として復活した。しかし、当初はこれほど長期にわたって制作されるとは、山田洋次監督も思っていなかったという。全五回で一旦制作は打ちきられるはずだったが、ついに全48作までシリーズは続いた。山田洋次監督は、その後のストーリーも構想していたが、末期癌の手術を受けた渥美清は、1996年(平成8)8月に帰らぬ人となった。この作品は車寅次郎への挽歌として、亡くなった翌年に制作されたものである。
 冒頭では満男が駅でピールを飲みながら、靴のセールスのための行商を行っている。寅次郎のような仕事をしているわけである。伯父さんは今頃何しているんだろうと、寅次郎のことを懐かしむ。満男が思い出すのは、寅次郎がリリーと出会った頃のこと。満男が回想するという形で、「寅次郎忘れな草」「寅次郎相合い傘」の一部と、「寅次郎ハイビスカスの花」の大部分が再構成され、それを満男の回想譚という形で埋め込んである。
 リリーが登場する作品には、前回の「寅次郎紅の花」もあったわけだが、寅次郎とリリーがともに若く、もっとも幸せそうだったのは、「寅次郎ハイビスカスの花」の頃である。沖縄で病み上がりのリリーと寅次郎が、夫婦のような同棲生活を行っていた時期である。
 前作でリリー役の浅丘ルリ子が、渥美清の体調の悪さを見て、これが最終作になるだろうから、寅次郎とリリーを結婚させてほしいと、山田洋次監督に願ったが、かなえられることがなかった。そこで、シリーズの最終作の中で、リリーと寅次郎が同棲していた時期を再構成して、車寅次郎に対するお別れ会をしたというのだろう。
 この作品の大部分は、「寅次郎ハイビスカスの花」から成っており、それを再び見たという印象が強い。やっぱり、一番の見どころと言えば、リリーが「男なんかの世話にはなりたくない。夫婦だったら別よ」と洩らし、照れた寅次郎が「所帯なんか持つ柄か」と言い放つと、「あんた、女の気持ちなんか分かんないのね」と涙を流す場面である。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:21| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

DSD配信のPrimeSeat

 Windows95が発売された当初、日本の一般家庭のインターネットは劣悪な状況だった。モデムを使った通信では、インターネットをしている間は、回線が占領されて自宅の電話が使えなくなった。jpegの画像1枚送るのにも数十秒かかり、mp3の音楽は1曲ダウンロードするのに20分もかかった。
 そのため、音楽をサイトで使いたければ、MIDIで楽譜の情報のみを送り、受信側の音源で演奏させるか、RealPlayer(http://jp.real.com/)によるストリーミング配信が一般的だった。これはラジオ程度の音質でファイルを送信しながら再生させる仕組みだった。それなりによく出来ていたが、回線が少しでも込めば、バッファーで音楽は中断された。
 ADSLが普及して状況は一転した。また、光による通信は、映画のストリーミング配信さえ可能にした。したがって、音楽配信の場合もmp3だけではなく、CDの音質をはるかに超えるハイレゾによるものも出てきた。代表的なサイトとしてはe-onkyo music(http://www.e-onkyo.com/music/)やmora(http://mora.jp/index_hires)などがある。ただ、そうは言っても、DSDなどのファイルは巨大で、アルバム1枚ダウンロードするのには時間がかかるし、パソコンのハードディスクを1ギガも占領してしまったりする。
 いくらハイレゾと言っても、大好きなアルバムでなければ、繰り返し再生することはないだろう。そこで、DSDによるストリーミング配信が始まった。日本における先駆け的なサービスがPrimeSeat(https://primeseat.net/ja/)である。クラシックを含むライブや、ドキュメンタリー、旅の番組などを、DSD 5.6MHzや2.8MHzでストリーミング配信している。有料だけではなく、無料の番組も多いので、試聴してみるといいだろう。
 なお、DSDを高音質で受信するには、パソコンに専用のソフトウェアをダウンロードする以外に、DSDをそのまま再生するためのDACが必要である。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 12:03| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする