2018年03月24日

愚痴を独り言で言うゴジラ

 怪獣のゴジラは、ゴリラとクジラから作られた言葉で、言語学では「かばん語」または「混成語」という。複数の語の一部を組み合わせて作られた造語である。怪獣映画は海外でも人気があり、日本が好きな欧米人なら、「ゴジラ」をたいてい知っている。
 最近は「シン・ゴジラ」が人気を博しているようで、登場する内閣総理大臣は大杉漣氏が演じている。作中では他の閣僚とともに、乗っていたヘリコプターにゴジラの熱線が当たって死亡するのだが。演じていた大杉氏も、つい最近急逝されたが。
 ところで、現在、大阪弁で愚痴を言うゴジラが、facebookに登場して人気を博している。目や口の動きがリアルなことと、大阪弁をしゃべるところが、あまりに意外な取り合わせであるからだろう。シュールな意外性と、ゴジラが大阪のおっちゃんみたいにしゃべるおかしみは、何度見ても飽きない。五分弱の短編なので、一度ご覧になってみるといいだろう。
http://netafull.net/video-funny/057098.html


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:27| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする