2018年03月11日

ぼくがダライラマ?(40)

 侍従が小走りで神殿の扉を開けた。大寺院を模したお堂は、朱塗りの柱から壁を彩る黄金の細工まで、一回り小さく作られていた。それは龍王が女神であるからだった。金色の小さな屋根は日の光を反射し、後光が射しているかに見えた。二階には白い絹の垂れ幕が下ろされ、外から中はうかがい知れない。敷居をまたいで入ると、薄暗い堂内には蒸れたような臭いがした。窓を大きく開け放つと、快い風が入ってきた。
 バターのランプを手に梯子を登っていくと、そこには目を見張るべき空間が広がっていた。青みかかったヒスイ色の壁には、妖艶な女神や奇怪な体位をした行者らが、生々しい肌色で描かれていたからだ。上は一国の王から下は牧人、猟師、娼婦に至るまで、現世での身分は様々だが、在家のままで秘法の奥義を極めていた。中心に描かれた大柄の行者を、摂政は微笑んで指さしている。ぼくは父親然とした男の意図を測りかねた。
「このお方はどなただと思われます? 埋蔵経の偉大な発掘者、ペマ・リンパです。猊下のご先祖でいらっしゃるのですよ」(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:00| Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする