2018年03月04日

『バガヴァッド・ギーター』について

 これは「神の歌」を意味する。神とはクリシュナ神。悪鬼や悪王を退治した怪力の牧童で、日本の神話で言えば素戔嗚尊(スサノオノミコト)のようなもの。インドは多神教で、クリシュナは宇宙維持の神ヴィシュヌの化身とされる。クリシュナが説いたという教えが『バガヴァッド・ギーター』である。
 インド人が悟りを求める場合、山奥にこもってヨーガの修行をするというイメージが強いが、クリシュナは在家のまま行動することを勧める。相手が武人なら、戦いながらも悟りは可能だとする。肉体は滅びるが、魂(アートマン)は不滅だから死を恐れることはないというのだ。
 在家のままでも、すべてを平等に見る意識を保ち、信仰を持って祭祀を行い、しかも見返りを求めなければ、アートマンは創造神ブラフマンの境地に至ることができる。いわゆる「梵我一如」である。人が神と同一になるというのは、一見不遜なようであるが、神と融合しながら、意識は失わない状態を指すのだろう。これは人が仏になるという仏教と同様な考え方である。
 仏教とバラモン教、後のヒンドゥー教はどこが違うか。ともに輪廻からの解放を説き、修行によって解放された状態、悟りを目指している。仏教は無神論だという主張もあるが、大乗仏教ではヒンドゥー教の神々を取り入れているから、汎神論というのが正確なのではないか。修行の方法も瞑想やヨーガを用い、スートラ(経典)やマントラ(真言)を唱えたりする。唯一の違いといえば、仏教は無我の教えで、肉体の死後は同一性が維持されないとする。一方、ヒンドゥー教ではアートマンは死後も維持されると説く。

参考文献
『バガヴァッド・ギーター』(上村勝彦訳 岩波書店)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:45| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする