2018年03月14日

三島由紀夫の「真夏の死」について

 三島の中編「真夏の死」は、南北アメリカ、パリ、ロンドン、ギリシャ、ローマなどの歴訪から帰国してほどない、1952年(昭和27)に発表された。現実にあった事故に取材しており、生田勝(いくたまさる)と妻の朝子(ともこ)、それに勝の妹安枝が主な登場人物である。冒頭で朝子は安枝とともに、幼い我が子の清雄と啓子、それに克雄を引き連れ、伊豆半島へ海水浴に来ている。子供たちの世話を任された安枝は、清雄と啓子が波にさらわれたのを知って、ショックの余り心不全で死亡する。それを朝子が夫に知らせねばならぬあたりから、ただならぬ緊張感が漂い出すのである。
 朝子は悲惨のどん底に突き落とされ、「あれだけの不幸と釣合のとれるほどの待遇をうけてゐない」という不満を持つ。夫は優しく朝子を慰めていくのだが、一人残された克雄まで奪われてしまうのでは、という恐怖感におののく彼女は、ノイローゼ気味となってヒステリックな言動をする。
 やがて悲しみも薄らいでいくと、今度は倦怠感が二人を支配するようになる。夫は浮気で気を紛らわせたりするが、朝子は日々の生活では満たされないものを感じ始める。それは二人の子供を亡くしたときに覚えた大きな感情に対する渇望である。清雄と啓子との幸せな日々と、二人を奪い去られた時の引き裂かれる思い。非日常的な力に翻弄される悲痛な感情は、一方では人間を悲劇的な高みに連れていく。それに満たされたくて、朝子は事故があった海岸に夫と克雄を連れ出すのである。
 日常の暮らしで憂さを晴らしている勝に、妻の気持ちが理解できようはずがない。最後の場面となって、ようやくそれに気づき始める。それについては、三島は読者の想像に任せている。朝子は我が子が波にさらわれる場面を夢想しているのだろうか。だからこそ、勝は「お前は今、いったい何を待つてゐるんだい」と言って、「つないでゐた克雄の手を強く握つた」のである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


posted by 高野敦志 at 01:23| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

旅先での記録

 中学生の頃から日記を書いているが、読み返して面白いのは、旅先での記録である。感動したままが記されているから、読み直すことで体験した場面が脳裏に再現される。旅先で書き始め、戻ってきてからも書き続ける。それを書き終えた段階で、旅の印象が心に刻み込まれる。
 実は十日の金曜日の夜から十一日の日曜日の夜まで、広島を旅行していた。実質二日しかなかったが、翌日は広島市内と宮島、最終日は尾道に向かった。後日、それを推敲してブログに載せるつもりだ。
 僕は文章表現の授業を担当しているが、学生には日記をつけるように言っている。特に、旅先での記録は、感動した体験をエッセイなどで活かすことができるので。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


ラベル:旅行,旅,日記
posted by 高野敦志 at 03:02| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

ぼくがダライラマ?(40)

 侍従が小走りで神殿の扉を開けた。大寺院を模したお堂は、朱塗りの柱から壁を彩る黄金の細工まで、一回り小さく作られていた。それは龍王が女神であるからだった。金色の小さな屋根は日の光を反射し、後光が射しているかに見えた。二階には白い絹の垂れ幕が下ろされ、外から中はうかがい知れない。敷居をまたいで入ると、薄暗い堂内には蒸れたような臭いがした。窓を大きく開け放つと、快い風が入ってきた。
 バターのランプを手に梯子を登っていくと、そこには目を見張るべき空間が広がっていた。青みかかったヒスイ色の壁には、妖艶な女神や奇怪な体位をした行者らが、生々しい肌色で描かれていたからだ。上は一国の王から下は牧人、猟師、娼婦に至るまで、現世での身分は様々だが、在家のままで秘法の奥義を極めていた。中心に描かれた大柄の行者を、摂政は微笑んで指さしている。ぼくは父親然とした男の意図を測りかねた。
「このお方はどなただと思われます? 埋蔵経の偉大な発掘者、ペマ・リンパです。猊下のご先祖でいらっしゃるのですよ」(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:00| Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする