2018年03月31日

ぼくがダライラマ?(42)

「これを描かせたのはどなただと思います」
「前のダライラマ五世とでも……」
「猊下は何でもご存じだ。前世になされた他の行いも、日を置かずして思い出されることでしょう」
 摂政はダライラマの秘密を明かすことで、ぼくを操ろうとしているのではないかと思った。ダライラマを頂点とする新派の密教では、現世で悟りを得ることができないことを、五世自身は知っていて、密かに古派の密教を修行していたに違いない。その秘密を民衆に知られぬように、ポタラ宮裏の池に囲まれた神殿に封印していたのではないか。
 摂政は謎めいた笑みを浮かべると、こちらの動揺を顔色から読み取ろうとしていた。ぼくの先祖が伝えてきた秘法を、自分は知ることができない矛盾を思った。古派の密教と言えば、お父さんは牧人として働きながらも、行者として村の祈祷に携わってきたのだった。ここに連れてこられなければ、ヤクや羊の世話をしながら、あの壁画に描かれた体位で、どんなヨーガを行えばいいか教えてもらえたはずなのに。
「猊下、ここで見たことは決して口外されてはなりません。猊下の師であらせられるパンチェンラマにも、お尋ねになってはなりません。猊下がそれにふさわしい境地に達された暁に、真理は自ずと明かされることでしょう」(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:18| Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

沖縄を旅して

 僕が沖縄を旅したのは、二十代の終わりと三十代の前半、まだ二十世紀だった頃である。それからもう二十年も経ってしまった。飛行機に乗ってしまえば、本島で二時間、宮古島でも三時間で着く。現在では石垣島への直行便も飛んでいる。とはいっても、島々をゆっくり巡るには費用も時間もかかる。本土から遠く離れているだけでなく、文化面でも本土とは異なる点が多い。
 沖縄の文化は中国を父、日本を母として育ったと言われる。食文化や住居を見ても、中国と日本を折衷したものが多い。琉球王国の時代、明や清に朝貢していたから、琉球国王は中国の皇帝から冊封を受け、領内では中国の元号が使われていた。ただし、住民の多くは古代に九州から移住した人々であるとされ、文化の深層では日本人が忘れてしまった精神を伝えている。ウチナーグチと呼ばれる琉球方言も、耳で聞いて分からないとはいえ、日本語の方言の一つである。その一方で、古代の日本とは異なる創世神話を持ち、祝女やユタなどの独特な宗教文化を育んできた。
 ところが、琉球処分以降、本土の日本人は沖縄に対する差別感情を抱くようになった。これは琉球王国の時代、侵攻した薩摩藩が琉球の使節に対し、異国風に装うことを強要したこと、地名の漢字表記なども、分かりにくく改変してしまったこと、本土の日本語がほとんど通じなかったことなどが関係する。
 それが第二次世界大戦における沖縄戦の悲劇を生む。日本人に同化することを強いられ、方言を話すことは厳しく禁じられた。地上戦が行われたために、県民の四人に一人は死亡したとされる。本土が形式的に独立した後も、アメリカによる統治は続き、日本に復帰した後も駐留するアメリカ軍基地の多くが、沖縄に集中するという結果を生んだ。そして今、辺野古に建設されようとしている基地をめぐって、反対する住民に対して本土の警官が多数送り込まれ、力尽くで抑え込もうという威圧的態度が問題となっている。本土の日本人は、いまだに沖縄の魂を傷つけているということを忘れてはならない。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:14| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

JRiver Media Center23でDSDに変換する

 Windows10はメモリが4ギガでは、仮想メモリが働いて動きが鈍くなる。やはり、8ギガないと滑らかに作動しない。ブラウザが反応しなくなることもなくなり、強制終了するイライラからも解放された。
 メモリに余裕ができたので、JRiver Media Centerで音楽をDSDに変換してみることにした。この機能はAudiogateでも可能で、素晴らしい音質を楽しめるのだが、ライブラリが貧弱なのが弱点である。CDをDSDに変換しながら再生するなら、Audiogateが良いのだが、CDを箱の中から探し出すのも億劫だし、mp3で購入した曲の方が圧倒的に多いから、mp3をDSDに変換して聴きたいと思ったのである。
 そこで、有料ソフトのJRiver Media Centerでmp3をDSDに変換しながら聴いてみることにした。Audiogateと同様に、KORGのDS-DAC経由での出力に対応している。CDには人間が聞きとれない音域も含まれているから、それをハイレゾに変換する意味もあり、実際うっとりするような音に変わる。一方、張り子のようなmp3をDSDに変換してもどうかと思ったのだが……。
 実際、変換する場合は、「オプション」の「オーディオ」で「オーディオデバイス」を「KORG USB Audio Divice Driver[ASIO]」にし、「設定」の「DSDと出力ファイル形式」で、「1×DSDネイティブ形式」を選択する。これはソニーのSuper Audio CD(SACD)が採用したDSD2.8MHZの形式である。空気の音まで再現すると宣伝されたものである。「2×DSDネイティブ形式」はDSD 5.6MHzだが、CPUの性能が中程度なら、「1×DSDネイティブ形式」で充分である。「Soxをリサンプリングに使用する」にもチェックを入れておこう
 mp3をDSDに変換したのだが、音の聞こえ方が自然になった。まるで演奏している場面で聴いているような感覚である。JRiver Media Centerの場合、「効果」を「ジャズクラブ」にして、「仮想サブウーファ」を加え、「サラウンド音場」を「中程度に増加」させたり、「ヘッドフォン」に「クロスフィールド」をかけて、ヘッドフォンを使わない場合の周波数曲線に加工したりなどしているので、今述べた印象がDSDに変換した効果ばかりとも言えないのだが、とにかく音に色気がつくのである。悩殺される感じでたまらなくなる。

 なお、JRiver Media Center23の32bit版を使用していたのであるが、23の64bit版も同じライセンスで使用できることが分かった。音質が改善されたというので、使用してみることにした。以下のページ(http://www.icat-inc.com/tech-info.html)のMedia Center 23 Windows 64bit版ソフトウェア Ver23.0.103のリンクをクリックする。設定は引き継がれないとあったが、直前に一度32ビット版を使用した後終了していたので、インストール後にすべて設定は引き継がれた。ライセンスキーを改めて入力する必要もなかった。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:19| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする