2018年02月11日

ミニパソコンでのWindows Updateのトラブル回避

 ドンキホーテで買ったWindows10は、ハードディスクが32ギガしかない。それなのに、8ギガのハードスペースがないとWindows Updateができないという表示が出た。不要なソフトウェアをアンインストールなどしたが、スペースは4ギガしか空いていない。このままUpdateできなければどうしようと思っていたら、友人に的確なアドバイスを受けた。
 機能更新のファイルはセキュリティとは直接関係ないから、新機能のインストールは避けて、セキュリティ関連のUpdateだけしていけばいいと。ただ、Windows10のProならインストール阻止は可能だが、Homeの場合はWindows Updateは強制される設定になっている。
 とはいっても、回避方法がないわけではない。以前のバージョンのように、インストールしたくないUpdateを阻止するためのプログラムが、マイクロソフトから配布されているのである。まずは以下のページにアクセスする。
https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2015/07/30/windows-10-windows-update-12/
 次に、そのページから"Show or hide updates"トラブルシューターのリンクをクリックし、wushowhide.diagcab を開くか保存するかを聞かれたら、[ファイルを開く] をクリックする。すると、問題の検出が始まる。Hide Updateをクリックしたら、1709の機能更新プログラムにチェックを入れて「次へ」をクリックする。これで大型の機能更新だけが阻止され、他のセキュリティー関連のUpdateはインストールされる。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:34| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする