2018年02月08日

ぼくがダライラマ?(37)

 突然、女は笑い出した。からかうようにぼくの周りを巡った。こちらの問いかけを封じて、渦の中で身動きできなくするみたいに。月の光が女の顔を照らすたびに、手がかりをつかもうとしたが、謎は指の間をすり抜けてしまう。
「あなたは私を知らない。私はあなたを知ってる」
 呆然としている隙に、ダムニェンを奪われてしまった。女は岩の上に腰掛けると、先ほどぼくが弾いていた曲を繰り返した。一度聞いただけでそらんじるとは、やはりただ者ではない気がした。
 女は弦を弾く手を止めると、いぶかる目でこちらを見上げた。
「もしかして、私の言葉を真に受けてるわけ?」
「君はいったい、何者なんだ!」
「あなたはまだ子供だわ。お母さんの顔しか覚えてないんだわ」
 女はダムニェンを岩の上に置くと、小走りで走り去っていく。ぼくは追いかけようとしたが、女は池の中に小石を投げ入れた。それに気を取られているうちに、女の顔は闇の中に沈んでいった。
「私は摂政の娘……」
「まさか! 名前は?」
「教えない。あなたに魂を奪われたくないから」(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:57| Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする