2018年01月28日

ディーパック・チョプラの『富と成功をもたらす7つの法則』(2)

 モンロー研究所が開発した『ゲートウェイ・エクスペリエンス』の中で、僕が最も好きなのは「フォーカス15」の瞑想である。時間のない世界で、「思考と思考の狭間に存在する静けさ」と説明されているが、ディーパック・チョプラの著作を読むことで、その意味が分かってきた。
 時間そのものは、便宜的に用いられているもので、過去も未来も現実には存在しない。存在し続けるのは現在の連続である。「フォーカス15」は純粋意識に至るための瞑想で、永遠に続く現在に自らを置くためのものである。思考するのは自我であり、思考が途切れた狭間に、純粋意識が生起するのである。
 だから、ディーパック・チョプラの言う純粋意識に触れるには、《ゲートウェイ・エクスペリエンス》や《ヘミシンクによる具現化》などのヘミシンクは有効である。ディーパック・チョプラ自身も、ブレインマシンによって音声や点滅する光によって、脳波を誘導するプログラムを開発している。以下にリンクを張っておこう。
https://www.deepakchopradreamweaver.com/#home-banner (つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


posted by 高野敦志 at 11:50| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする