2018年01月07日

追伸 ドンキホーテのパソコン

 ドンキホーテで購入したミニパソコンは、Fall Creators UpdateをインストールしたWindows10では、Cドライブに自分のソフトウェアをインストールする余地がほとんどなくなった。僕の場合、いったんインストールした一太郎がアップデートした段階で、Cドライブが1ギガを切ってしまった。
「いくら安くてもこれじゃ使えない」と悩んでいるあなた、この状況を回避する方法はある。マイクロSDを購入して、スロットに挿入したら、まずSDの初期化を行う。NTFSの形式で初期化したら、VHDファイルを作成することで、マイクロSDを仮想のハードディスクとして使えるのだ。
 僕は32ギガのマイクロSDを使用している。これ以上の容量だと認識しない恐れがある。いったん仮想ハードディスク化してしまえば、Windowsのソフトウェアを問題なくインストールできる。一太郎も無事に移動が済んだ。詳しい方法は、以下のページを参照するといい。
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1702/06/news154.html

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:06| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする