2018年01月06日

知床は記憶の果てに(2)

 駅前からは視界を遮る物は何もない。彼方の対岸まで、湖岸に広がる原野を一望できるからだ。柔らかな日射しが水の色も、草花の色も鮮やかにしている。標高の低く細長い地形は、サロマ湖で見たものと似ている。湖が汽水であること、海から湖を仕切るのが砂州である点でも同じだ。唯一の違いと言えば、国道と鉄道が砂州を縦断している点だろう。
 今回は原生花園の丘の上に立ち、オホーツク海の方も見下ろした。ここはワッカ原生花園よりも花が咲いている。黄色や白、赤いハマナスに混じって、橙色の百合なども咲いている。花の間を蝶が舞っていた。植林などされておらず、開放感が味わえるはずだ。
 ちなみに、原生花園駅は臨時駅で、ゴールデンウィークから十月末までしか止まらない。北海道の冬は長い。周辺には民家がないため、観光客が来なければ、乗降する客もいないのだ。無人駅ではあるが、今日は保線員が大勢来ていた。一年の大半は広大な湿地帯といった感じだが、花の美しい期間だけが、人々のにぎわいが見られる。行く手の斜里岳は、山頂だけが雲をかぶっていた。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:57| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする