2018年01月23日

ディーパック・チョプラの『宇宙のパワーと自由にアクセスする方法』(1)

 原題はPower,Freedom,and Graceで、副題はLiving from the Source of Lasting Happinessである。直訳すると、『力、自由、そして恩寵』─永続する幸福の源から生きること─となる。原題の方が著者の意図を忠実に表現しているだろうが、現世利益がなければ宗教に関心を持たない日本人には、訳者によるタイトルの方が関心を引くことだろう。
 ディパック・チョプラの主張を要約すると、以下のようになる。人間は自我に囚われている。本当の自分は生死を超えた純粋意識である。純粋意識は個人を超えて周囲に広がっている。人間の一人一人は宇宙であり、創造主であるのに、それを忘れている。肉体と精神は分けることができないし、大脳が意識を生み出しているわけでもない。純粋意識が情報だとすれば、大脳はコンピューターの端末に過ぎない。
 死によって人格は崩壊しても、意識そのものは残る。周波数の高い非物質的な次元に移行するだけである。そもそも、物質そのものが幻であって、量子の波動を意識が物質として解釈しているだけである。
 共時性という現象は、自我からは「偶然の一致」としか見えないが、宇宙が知性や目的意識を持っているからにほかならない。瞑想の習慣を持つようになれば、心臓の位置にある魂に問いかけることで、答えは自ずと出てくるようになる。それは太古から受け継いできた智慧によるもので、自我のような狭い了見に頼ることとは異なる。
 自分が生まれてきたのは、目的があったからで、それを自身に問うことで、恩寵にあずかることができるようになる。純粋意識が生死を超えるということを知れば、どんなつらい状況でも克服することができる。宇宙の知性に耳を傾けることで、共時性や幸運が重なるようになり、物事は成就しやすくなる。もし、かなえたいことがあるなら、それが人々を幸福にし、宇宙の進化に一役買えるかどうかが、成否の鍵を握ることになる。
 時間というものは実在しない。今この瞬間だけが現実であり、過去は幻想で、未来は可能性に過ぎない。現在に集中して純粋意識に触れることで、真の自由や恩寵にあずかるとができる。こうしたことを頭で理解するのではなく、瞑想の習慣を持つことで体得することが重要である。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:41| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

知床は記憶の果てに(8)

 バスに乗って知床五湖に戻った。以前とは違って、ビデオと係員によるセミナーを受けてから、五湖を回るようになっていた。これも世界遺産になって、外国人観光客が増えたことへの対策だろう。まず、熊と出会わないことを第一に考え、手を叩いたり、話をしながら進み、熊と出くわすような事態は避ける。食べ物は持ち込まず、やむを得ない場合は、匂いの漏れない袋に密閉する。
 熊と出会ってしまったら、静かに退散し、騒いだり駆けたりして、熊を興奮させてはいけない。熊は威嚇のために襲いかかり、すぐに引き下がるはずだが、続けて襲ってくる場合には、首の後ろの急所を手で押さえたり、熊撃退用のスプレーを使うなどの方法があるとのこと。
 セミナーには十五分以上かかってしまった。一湖から五湖まで回るのに、徒歩で一時間半かかるというのに。最終バスの時間を考えると、あと五十分しか残っていない。車は知床五湖の駐車場にも止められたのだが、カムイワッカ湯の滝行きの切符は、知床自然センターでなければ買えなかった。どう考えても、時間に余裕がなければ、見て回れないようになっていたのだ。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:42| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

臨死体験の瞑想「イントゥ・ザ・ライト」(2)

「イントゥ・ザ・ライト」は4部構成でできている。第一部は「再会」である。リラックスして体の感覚がない状態、フォーカス10に移行したら、自分の守護霊、ガイドに助けられて、肉体から第二の体を引き出してもらう。
「体外離脱」ができたら、部屋の中に現れたトンネルをくぐっていく。これは第二の体の周波数を上げて、非物質的な次元に移行することである。
 トンネルの向こうには美しい草地が広がり、その先には、亡くなった身内や友人が待っている。久し振りの邂逅を楽しんで、現実世界に戻ってくるという流れである。
 ただし、これは西洋人向けに組まれたプログラムである。立花隆が調査したように、日本人の臨死体験の場合、草地がお花畑として現れ、その先には三途の川が流れている。川向こうに亡くなった身内や友人がいるが、邂逅を楽しむというよりは、「まだここに来てはいけない」という警告を受ける。三途の川を渡ってしまったら、肉体的に死んでしまうと信じられているのである。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:02| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする