2017年12月10日

ドンキホーテのパソコン

 ドンキホーテの店内を歩いていたら、パソコンを売っていた。カバンに入るような小型のものがほしいと思っていたのだが、値段を見てびっくりした。外税で17980円とある。税込みでも2万を切る。2台しかなかったので、銀行でお金を下ろして買ってしまった。
 いわゆるタブレット端末で、キーボードが付属して装着可能。Windows10でシステムメモリは2ギガ、ストレージは32ギガ。カメラもついている。製造元はKEIANで製品名はKBM100Kである。
 僕は一太郎を使っている。電子書籍も作っているので、編集途中の一太郎ファイルを、外出先で見られたらと思っていた。比較的軽いし、コンパクトだし、資料を編集するなら、ストレージが32ギガでもいいのかな。ただ、Windows10の場合、Fall Creators Updateを更新しなければならず、ダウンロードとインストールに数時間かかった。これだけでもすごいストレスだったが、Windows10だけでCドライブを20ギガも占領しているので、最小限のソフトウェアしかインストールできない。
 DVDドライブはない。USBが1つしかついてていないので、USBからソフトウェアをインストールするには、USBのハブを用意した方がいい。インストールなど細心の注意が必要な作業は、USBのマウスが必要だからである。なお、マイクロSDが使用できるので、データを多く保存したりする場合には必須だろう。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 05:24| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする