2017年12月24日

『「プルーフ・オブ・ヘヴン」を超えた対話』(1)

 これは臨死体験者で「プルーフ・オブ・ヘヴン」の著者であるエベン・アレグザンダー医師と、『かいまみた死後の世界』の著者であるレイモンド・ムーディ博士の対談を収録したDVDである。主な内容は「プルーフ・オブ・ヘヴン」と同じだが、意識は脳が作り出したものではないとする二人の対談には、穏やかな熱意がこもっており、見終わった後もしばらく感動が続いていた。
 大腸菌性髄膜炎で一週間もの間昏睡状態に陥り、大脳がほぼ破壊されたアレグザンダー医師は、抗生物質も効かず、生存率は2%とされ、治癒は絶望視されていたにもかかわらず、奇蹟的な回復を得ることができた。その間の体験は著書に書かれていた通りである。
 昏睡状態にいたアレグザンダー医師は、言葉を失い、泥のような地下にいる気がした。そこには植物の根が広がっており、単調な音だけが聞こえる永遠の今が続いていた。時折、人の顔や植物の姿が見えるくらい。やがて、回転するまばゆい光が現れ、美しい旋律が聞こえてきた。光に裂け目が現れると、美しい風景、渓谷が現れた。そこに蝶の羽に乗った美しい女性が現れ、ともに上昇していった。深い癒しを得て宇宙の外に出ると、すべてが崩壊して球体が現れ、それも破壊されると、空(くう)の状態に至った。そこで光の存在との神聖なつながりを感じ、宇宙の真実を理解したという。
 人間がなぜ存在するか、いかに愛が大切であるか、悪があるからこそ自由意志を持つことができるということなど。いったん地下の世界に連れ戻されるが、回転するまばゆい光とともに聞こえた旋律を思い起こすことで、ふたたび元のコア(中核)の世界に至ることができた。それは夢とは思えぬ超臨場感があったという。
 ところが、地上に戻ることになり、純粋な愛から引き離されることに大きな悲しみを抱いた。回復を願う人々の祈りのエネルギーが雲となって現れ、励まされて病室に帰ったのだが、言葉と記憶を失っていて、取り戻すのには時間がかかった。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 12:35| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

電子タバコの流行

 最近、電子タバコが若者を中心に広がっている。一つはiQOS(アイコス)という加熱式のタバコ。煙が出ないから、タールなどを吸わない分は健康への害が少ないと思われている。燃やすわけではないから、ヒートスティックが短くなるわけではないが、ニコチンなどは体に吸収される。
 その一方、リキッドを先端に詰める電子タバコも存在する。国内の製品ではニコチンは含まれない。メントールなどを加熱して蒸気の形で吸い込むもの。こちらは使い捨ての物から、マニアックな物まである。メントールやビタミン、コーラなどリキッドは種類が多い。使い捨ての利点はリキッドを詰めるなどの手間がかからないことと、単価が千円程度と安い点が挙げられる。コンビニでも手に入る。ただし、日常的に使うには使い捨てはかえって割高だし、好みのリキッドを選択できない点で不利である。
 リキッドの選択が自由で、初心者でも扱える物にJoyetech eGo AIO Proがある。吸い口のマウスピース、アトマイザーベース、コイルヘッド、本体に分解できる。あらかじめコイルヘッドにリキッドを垂らしておくと、コイルが焦げることが防げるという。また、本体のアトマイザータンクにリキッドを注いでから、30分ほどしみ込ませてから使用する。ボタンを押すと、吸い口からリキッドの蒸気が噴出する。強く吸い込んで吐き出すと、蒸気が煙のように口から出てくる。メントール系は刺激が強いので、いきなり肺に吸い込まず、加減しながら吸うようにした方がいい。
 ドンキホーテやAmazonなどでも買えるが、詳しい話が聞きたかったら、専門店で店員さんにいろいろ教えてもらったらいい。これを使えば、ヘビースモーカーも少しはタバコの本数を減らせるのではないか。気分転換にはメントール系が最適のようである。機器の使用方法については、以下のページが詳しい。
https://e-tabaco.org/shop/etabaco/ego-aio_use/

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 13:52| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

ムーディ博士の『かいまみた死後の世界』

 原題はLife After Lifeだから、直訳すれば、「生の後の生」、意訳すれば「死後の生」ということになるか。心臓が停止したり、脳波が平坦になった状態でも、人間の意識は維持されるらしい。脳に血液が流れなくなっても、ただちに意識を喪失するのではなく。ただし、意識が肉体を抜け出す「体外離脱」の感覚をともないながら。いわゆる「臨死体験」というものは、死の苦しみを和らげるために、脳内麻薬が放出されるからだというのが、『脳死体験』という著書のある立花隆氏の見解であり、死後に魂が生き続けることに対しては否定的である。
 それに対して、「臨死体験」した多くの人から聞き取り調査をしたムーディー博士は、死後の生については積極的には肯定できないものの、「臨死体験」を瀕死の脳が生み出した幻覚だと決めつける態度を批判している。その理由として、「臨死体験」は現実感覚をともない、夢のような曖昧なものではないこと、「体外離脱」の間に体験したことが現実と呼応することなどを挙げている。「臨死体験」をして蘇生した者は、宗教的な人間になったり、超常的な能力を持つようになったりすることもある。
 また、「臨死体験」はキリスト教が説く死後の世界とは異なる。光の存在が現れて自身の生涯を回想させられるが、人間にとって最も大切なのは愛であることを諭される。悪事を働いた場合でも、光の存在が罰するのではなく、自分自身が罪の意識に苦しむだけだという。人間は果たすべき使命を持って生まれてきたので、「自殺」によって自らの命を絶った者は、死後に混乱し苦悩し続けるという。

参考文献
レイモンド・A・ムーディ・Jr.『かいまみた死後の世界』(中山善之訳 評論社)
レイモンド・A・ムーディ・Jr.『続 かいまみた死後の世界』(駒谷昭子訳 評論社)
立花隆『臨死体験』(文藝春秋)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 05:01| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする