2017年11月19日

AudioGateとiAudioGate

 以前、JRiver Media Center23の素晴らしさについて書いたが、じゃあ、一番音質がいいのは何かと尋ねられたら、ハイレゾと答えるだろう。ただ、自分の聴きたいアルバムがハイレゾで販売されているとは限らない。そこで、自分が持っているCDを最高の音質でパソコンで聴くにはどうするかだが、これは随分前から分かっていた。CDをAudioGateでDSD5.6MHzに変換した上で、USBでコルグのDACに出力したものを、高級なヘッドフォンで聴くのである。
 じゃあ、iPod touchで音楽聴く場合はどうしていたかというと、OnkyoのHF Playerを使っていた。そのままでは迫力を欠くので、エフェクトをかけて聴くことが多かった。それで一応満足していたのだが、最近、AudioGateを出しているコルグが、iOS向けにiAudioGateというアプリを出しているのを知った。コルグの音質には脱帽しているので、早速情報を集めてみた。
 とにかく、音質の良さでは抜群らしい。本来はハイレゾを再生したり、非圧縮のファイルをハイレゾにアップサンプリングして聴くために設計され、そのためには別途、携帯用のDACを購入する必要がある。では、DACを使わずにmp3を聴く場合はどうかというと、透明感のある濁りのない音を再生するという。ただし、このアプリは1800円もする。試用はできない。使いたかったら、購入するしかない。
 さて、iPod touchにインストールして聴いてみた。本当に曇りのない音を出している。ピアノは一音一音のキーの残響、ギターは弦の震え、サックスは管全体が音圧ではち切れんばかりになっているのも分かる。ただし、安いイヤフォンではここまで聞き取れない。2万ほどのソニーのヘッドフォンで聴いたら、あまりの素晴らしさに卒倒しそうになった。さすがコルグだ。今まで聴いていたのはメロディーだけで、音楽の輪郭でしかない気がした。他のプレーヤーはmp3に収録されている音すら、すべて再生しきれていなかったんだな。
 これなら、携帯用のDACを買ってアップサンプリングする必要はない。高級なイヤフォンを買えば、自宅におけるのと同様に、外でもいい音が楽しめそうだ。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:36| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする