2017年11月14日

John KreiterのOut Of Body Experiences, Quickly And Naturally(1)

「体外離脱」という現象について、分かりやすく実践的に解説した本。邦訳されていない。「体外離脱」を体験するための具体的方法や、その原理についても説明されている。
 本書では「分身」を作る方法と、「夢想」を利用する方法が説かれている。まず、「今、ここ」にいる感覚に意識を集中する。次に意識を内側に向ける。ダイヤルを回すようにして、意識の周波数を高くするのである。肉体から「分身」が抜け出ていくさまを想像する。
 次に、「分身」を移動させて、周囲に何が見え、どんな音がするか観察する。この訓練を繰り返すうちに、「分身」は単なる想像ではなくなる。慣れてきたら、自分が行きたい場所に「分身」で移動すればいい。
 これによって、自宅の周囲から、かつて訪れた場所、果ては宇宙空間などにも移動可能となるという。ただし、火星などに移動しても、文明の痕跡はほとんど見つからないだろう。ところが、意識の周波数を変えると、異星人の都市も見えてくるらしい。その技術を高めるためには、自宅で「体外離脱」した段階で、意識の周波数を変える技術を高めておく必要がある。自宅がまったく異なる場所に変わり、新たな「今、ここ」になるまで。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 11:08| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする