2017年11月10日

LINEについて

 今の若者はよくLINEをやっている。スマートフォンのアドレス帳の情報が送られて、広告メールが来るとか言われていたので、ずっとインストールを避けていた。ところが、同窓生からLINEのIDを求められたので、インストールしてみることにした。
 スマートフォンを持っているなら、iOS版がいいだろうが、iPod touchだとスマートフォンの電話番号がないから登録できない。FacebookのIDがあれば、可能なのかもしれないが。
 もし、僕のようにガラケーの中年だったら、Windows版のLINEをインストールすればいい。その際に、電話番号を求められるので、携帯電話の番号を送ると、Cメールで認証の数字が送られてくる。その番号を入力すればいい。あと、アドレス帳で友人を探す機能をオフにしておかないと、知人の連絡先などが送信されてしまう。
 ちょっと使ってみた感想を言うと、一対一の連絡よりも、グループの連絡には便利だと思った。同時に複数の人間と、文字でやりとりできるので。同窓生の連絡や、サークルでのコミュニケーションには便利だと感じた。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:08| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする