2017年11月05日

小海線と松原湖(5)

 甲斐大泉駅で降りると、徒歩でパノラマの湯に向かう。八ヶ岳を眺望する温泉は、内風呂は加水加温であまり温泉っぽくないが、露天風呂の泉質は滑らかだった。旅の疲れを癒すにはいい。時間に余裕があれば、入浴後に食事をとることもできる。
 五時半頃、中央本線の小淵沢駅に着いたが、手頃な飲食店が見つからない。陸橋を渡って東側に行ったら、旅籠以外に店は見当たらなかった。ところが、ぐるぐる回っていたら、駅の西側、下り方面に進んだところに、安くて大きなレストランがあった。ビールを飲んで夕食をとり、今回の旅の出来事を友人と語らった。
 スーパーあずさ新宿行は、七時十八分発だった。窓の外は真っ暗だった。友人は疲れて居眠りをしていた。僕は旅行について日記を書いていた。甲府の次の停車駅は八王子だった。早すぎて余情を楽しむどころではない。ほどなく、野辺山周辺を小海線でめぐる旅は終わった。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:36| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする