2017年11月16日

John KreiterのOut Of Body Experiences, Quickly And Naturally(3)

 内なる世界を旅する間、時間は「強さ」によって、空間は周波数の変調によって理解される。力が強いほど時間は長く感じられる。あらゆる時間、過去、現在、未来は同時に現在において存在する。一方、大宇宙でさえ、砂粒の中に収まる。というのも、あらゆる存在は遍在しており、ある部分はホログラムのように全体とつながっているからである。宇宙にはさまざまな可能性が実現した次元がある。人間が存在している世界と、人間が存在しなかった世界もある。これは「平行宇宙」の存在を暗示し、その間を移動することが可能だということを意味している。
 ここで説かれていることが正しいと仮定すると、物質世界で直線的時間の中で生きていると感じる我々は、空間の中から一つの可能性を選択した上で、時間が直線的に進むという幻想の中で生きているということになる。死後には空間がホログラムのようにつながり、時間でさえも永遠の現在としてつながっている世界に投げ出されるということか。「体外離脱」は死後の世界を先取りして体験することであり、だからこそ、肉体がベッドの中にありながら、「分身」が火星を訪れるようなことも可能になるというのだろう。
 世界とは何かという問いに対し、古代インド人なら魂が見ている幻と答えるだろう。そうした世界観に立たなければ、ここで説かれている時空に関する説明を理解することはできないだろう。
 本書には「体外離脱」の際に、どのような存在に出会うか、どのように身を守るべきかなども説かれている。大学生レベルの読解力があれば読める英語なので、実践を試みる場合は、ぜひ原文に当たってもらいたい。

参考文献
John Kreiter"Out Of Body Experiences, Quickly And Naturally"(Amazon)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:08| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

John KreiterのOut Of Body Experiences, Quickly And Naturally(2)

「夢想」を利用する方法は、より簡単であるがコツも必要である。「夢想」に耽ると、人によっては混乱したイメージが、ランダムに意識をよぎるようになるからである。「夢想」に長けた人間は、「夢想」によって主観的な領域に入り、その世界で見たり聞いたりできるようになる。「夢想」が深まることによって、「明晰夢」の状態に移行するのだろう。「分身」による移動を経ずに、行きたい場所を視覚化して、直接その世界を体験するというわけである。
 ただ、夢の状態に陥ると、目覚めたときに、夢の中で何をしていたか思い出せなくなる。それを防ぐには「分身」を作っておくか、さもなければ、夢見ている間、体験していることを口で唱えている必要がある。誰かにその言葉を書き取ってもらうか、録音機を利用するという方法もある。ただ、肉体が麻痺して声を出せなくなった場合は、心の中で体験していることを唱えた上で、覚醒後にそれを書き取ったり、録音機に向かって話せばいい。
 さて、内なる領域を旅している間は、思ったことがすぐに具現化してしまう。そのために、感情を統御することがぜひとも必要である。感情は外部に投射されるエネルギーであるから、投射を防ぐために自身に引きつけておかなければいけない。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:32| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

John KreiterのOut Of Body Experiences, Quickly And Naturally(1)

「体外離脱」という現象について、分かりやすく実践的に解説した本。邦訳されていない。「体外離脱」を体験するための具体的方法や、その原理についても説明されている。
 本書では「分身」を作る方法と、「夢想」を利用する方法が説かれている。まず、「今、ここ」にいる感覚に意識を集中する。次に意識を内側に向ける。ダイヤルを回すようにして、意識の周波数を高くするのである。肉体から「分身」が抜け出ていくさまを想像する。
 次に、「分身」を移動させて、周囲に何が見え、どんな音がするか観察する。この訓練を繰り返すうちに、「分身」は単なる想像ではなくなる。慣れてきたら、自分が行きたい場所に「分身」で移動すればいい。
 これによって、自宅の周囲から、かつて訪れた場所、果ては宇宙空間などにも移動可能となるという。ただし、火星などに移動しても、文明の痕跡はほとんど見つからないだろう。ところが、意識の周波数を変えると、異星人の都市も見えてくるらしい。その技術を高めるためには、自宅で「体外離脱」した段階で、意識の周波数を変える技術を高めておく必要がある。自宅がまったく異なる場所に変わり、新たな「今、ここ」になるまで。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 11:08| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする