2017年10月21日

早春の野辺山駅周辺(5)

 野辺山天文台のある施設は、標高1300メートルの高原にあるので、日射しは暖かくても空気が冷たい。下水の水も半ば凍ったままで、北海道のように冬のただ中なのである。飯盛山にいく時間はないし、雪もまだ残っているので、獅子岩まで行ってみることにした。
 坂道を上っていくと、道の路肩には雪が残っており、風も出てきたので、コートの襟足がひんやりした。風邪を引きそうなので、手でこすって暖めた。急坂が延々と続いている。獅子岩に到着したようだ。道路側から見上げると、確かにライオンの横顔に見える。
 上は駐車場になっていた。右には雪をいただいた八ヶ岳、左側はなだらかな高原となっている。平沢峠に立ったナウマン博士は、異質な地形が組み合わされた光景から、日本列島誕生の謎を解くヒントを得た。ここはフォッサ=マグナと呼ばれ、西日本と東日本の断層がぶつかり合う境界であることを発見したのである。
 平沢峠の駐車場には、八ヶ岳連峰のそれぞれの山名を記した看板が立っていた。登山家らしい男性が、女性にそれぞれの山について説明している。小海線の列車の時間があるので、ゆっくりはしていられなかった。右側の崖上を進んでいくと、足元はごつごつした岩とぬかるみで、足をすくわれてしまいそうになる。だが、ここからではどれが獅子岩なのかはっきりしない。やはり、道路から見上げなければ、ライオンの横顔は確かめられなかった。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:18| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする