2017年09月15日

「んみゃーち」の宮古島(13)

 岸に上がると小雨がぱらついてきた。リュックサックを岩蔭に隠し、沖のリーフにぶち当たる波の高さ、潮騒のすさまじさに目を見張った。砕ける白波は人の背丈ほどもある。そのために、リーフの内側までさざ波が伝わってくる。
 空はどんより曇っている。僕はかつて見た海のことを思い出した。あれは下北半島の海だった。真夏だというのに、寒くてじっとしてることもできなかったっけ。今日は少し暑さが和らいだ程度なのだが、ひどく人が恋しくなる。こういう所に来ると、自分が本当は人間が好きなのだということがよく分かる。
 それに、今晩はユースホステルで、ただ一人で眠ることになるらしい。二時間近くは泳いだろうか。少し疲れたので、三時前には海から上がり、着替えて出発することにした。シュノーケルで魚を見ることもしばらくないだろう。海に向かって、楽しかったよ、有難うと言った。
 周囲には観光客も、島の人の姿もない。日焼けの害を知ってるから、シャツを着て泳いだり、早朝、または日暮前しか泳がないらしいが。帰りはスムーズに平良港に戻れた。おみやげを何にするか、市場の中を歩き回った。ユースホステルに着いたら、午後七時を過ぎていた。夕食はマグロの刺身、グルクンの天ぷら、宮古そば、モズクだった。予想通り、部屋の中は僕一人だった。
 人恋しいので、テレビで「男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎」というのを見てしまった。外はまた雨が降ってきたようだ。明日の今頃は、うちに戻っているんだろうな。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:41| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする