2017年09月01日

Hemi-Syncで心と体の若返り(2)

「エクササイズ2 調整しましょう」は、アファメーションと視覚化の力を用いる。リラックスした状態で、自分にとって肯定的なメッセージを聞き、自分が変わっていくのをイメージするのである。スポーツ選手は実際の競技の前に、イメージ・トレーニングを行う。それによって、肉体をコントロールできることを知っているからである。
「エクササイズ3 光の体」は、肉体の中を移動するエネルギーを、光の網として視覚化する訓練である。東洋医学で言う経絡を見ておくと参考になるだろう。気のエネルギーの動きを光として見ることで、目に見えないエネルギーを身体に充電させるのである。頭頂のチャクラからエネルギーを取り入れたり、足の裏までエネルギーを移動させたりなどは、気功をやっている人には、お馴染みの修行である。また、「共生」や「愛」と関わりのある心臓のチャクラも活性化させる。
「エクササイズ4 浄化し調整しましょう」は、箱をイメージして、その中から自分のコンプレックスや悪習などを取り除いていくことで、自身を浄化するイメージ・トレーニングである。これも《ゲートウェイ・エクスペリエンス》の履修者なら、マスターしているはずである。そのあと、黄金の光の輪に照らされていることをイメージする。
「エクササイズ5 Hプラスでまっさらに」は、「フォーカス10」に移った後、「アクセスチャンネル」を開くトレーニングである。「11」という数字に象徴される「アクセスチャンネル」では、通常は不随意な肉体機能をコントロールするための脳波誘導を行う。ヨーガの行者は心臓の心拍数を意識的に変えたり、麻酔をかけたように痛みを感じない状態に導くことができるという。「アクセスチャンネル」が構築されれば、たとえCDを聞かなくても、イメージ・トレーニングするだけで、不随意な肉体機能をコントロールできるようになる。その際に「プラス、まっさらにリフレッシュ」という呪文の言葉を唱えることで、視覚化の効果を強化するのである。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:56| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする