2017年08月28日

SonyのDSC-WX500を買った

 20年以上使っていた一眼レフが壊れた。プロのカメラマンが使うような機能がついていて、思いのままに撮影できるのに興奮したものだが。『立山黒部アルペンルートの旅』で撮影した写真も、その一眼レフによるものだった。ただ、大きな望遠レンズが荷物となった。撮影の対象によってレンズを交換していたので、友人と旅行しているときなど、足手まといになってしまった。
 友人が使っているデジタルカメラが高性能なので、自分もSonyの機種を選ぶことにした。購入したのはDSC-WX500である。普通のデジタルカメラと同じようにコンパクトで、小さなサックに入れてズボンにつり下げられる。光学30倍ズームだから、一眼レフの望遠レンズを持ち運んだ頃とは隔世の思いがした。
 しかも、かなりの設定は自動で行ってくれる。夕方や夜間の撮影でも、鮮明に写してくれるから、フラッシュは余り必要ではない。撮影された映像はハイビジョンで、パソコンで見てもいいが、ハイビジョンのテレビで見ると、細部まで再現されていて感動する。
 細部までの再現で感動するのは、宮崎駿のアニメや小説の細密描写だけではないと思った。普段の自分が見落としていたものに、気づかせてくれるからである。
 ビデオの場合はテレビ番組を見ているようで、臨場感には目を見張るものがある。ただ、弱点としては録音機能が貧弱で、特に風が吹いていると、ほとんど雑音ばかりになってしまう。
 もう一点、屋外で撮影するときは、画面が鏡のようになって、自分の顔ばかりが写ってしまう。反射防止のシールを貼らないと、撮影したい対象の構図がままならない。シールにはお金を惜しまない方がいい。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:36| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする