2017年08月01日

手当てと霊気

 手当てには病気の治療や報酬など、いろいろな意味があるが、医学の発達していない時代には、患部を手でさすったりして、痛みを和らげたことに由来すると考えられる。
 霊気は大正時代に、臼井甕男(みかお)が始め、Reikiの名でハワイの日系人から欧米に広がった。患者の痛みを和らげる代替医療として知られている。キリストのような聖人や、修行を積んだ密教僧でなくても、ごく普通の人でもコツさえ学んで練習すれば、効果を得ることができる。
 手を当てるだけで患者の病気が良くなるなど、新興宗教のまじないのようであるが、気功やヨーガをやったことがあれば、人体には気やプラーナと呼ばれる霊気が流れており、それが欠乏することで自然治癒力が低下し、やがて発病する。それならば、外部から霊気を補充してやれば、本人の自然治癒力がよみがえり、健康な状態に戻っていく。
 これと同じことは、体外離脱で有名なロバート・モンローが開発したシステム《Gateway Experience》にも取り入れられている。霊気では全てを自然に任せて、リラックスすることが求められるが、これは肉体が眠り、精神は覚醒した「フォーカス10」に当たるだろう。霊気ではその後、合掌して掌の一方から他方へ、気の伝達を行う。気功でも掌から掌へ、足の裏から足の裏へ行うが、これによって電気のようなピリピリとした感覚が伝わるのが分かる。
 それを毎日行っていく。あとは患者や自分自身の患部に、手をかざして自然に霊気が流れいくのに任せるのである。気功の大周天ができる人なら、頭頂から霊気を取り入れて、掌を介して患部に流せば、体力を失うことなく行える。もし、家族や友人に具合の悪い人がいたら、効果があるかどうか試してみるといいだろう。
 なお、Reikiのための音楽が多数発売されており、自身のリラックスや患者に手を当てる時に流すといいだろう。僕のお勧めはKamalの《Reiki Whale Song》である。そのアルバムについては、以前書いたことがあるので、以下のリンクでご覧下さい。(http://takanoatsushi.seesaa.net/article/366358267.html

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:29| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする