2017年08月25日

ぼくはネコなのだ(53)

 いい気味だと思った。兄貴といっても、三十分早く生まれただけだし、体重だって大して変わらなくなっていた。ふさふさした白い毛をしている分、兄貴の体が大きく見えただけなんだから。
 その夜、兄貴はテレビの後ろで丸くなって眠っていた。目上のプライドをつぶされて、気が弱くなったのだろうか。ちょっとやり過ぎたかなと反省した。
 次の朝、えさを食べたあと、軽く運動したくなった。兄貴に声をかけたが、眠そうにあくびして寝てしまった。そこで、一匹で何かして遊ぶことにした。テーブルの下に、赤い色したビニール袋が落ちていた。この色は動物の血を騒がせると信じられている。牛に赤い布見せて突進させるって見世物が、スペインとかいう国にあるらしい。おじさんが話していたことを思い出し、ぼくもビニール袋に突進してみた。
 ところが、少々勢いがつきすぎて、袋の手の部分に頭が入ってしまった。もがけばもがくほど首に食い込んでくる。
「助けてくれ!」
 叫んだけど、兄貴は知らんぷりして寝ている。走ればそのうち外れるかもしれない。わけも分からずもがいたが、走れば走るほど、締めつけられて息苦しくなってきた。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

 
posted by 高野敦志 at 02:12| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

Podcastがダウンロードできない場合

 ページ下のpodcastのリンクをクリックすると、iTunes Storeから無料で配布している作品の一覧が表示されます。「iTunesで見る」をクリックすると、iTunesが起動してiTunes Storeに接続されるはずですが、エラーが生じてダウンロードできない場合は、恐れ入りますが、iTunes Storeの冒頭からpodcastのコーナーに移動したのち、ダウンロードしたい作品名を入力して検索して下さい。その場合、問題なくダウンロードできます。

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。
 IEでダウンロードした場合は、拡張子をzipからepubに変えて、下記のアプリでご覧下さい。

 ePubはiOSのiPadやiPhoneなどで読むのに適した形式です。iBooksなどでご覧下さい。Windowsでは紀伊國屋書店のKinoppy(http://k-kinoppy.jp/for-windowsdt.html)が、最も美しくePubのファイルを表示します。

 ブラウザからePubを開く場合、Edgeならプラグインなしで読めます。Googleのchrome(https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html)なら、プラグインのReadium(http://readium.org/)をインストールして下さい。
 firefox(https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/)にもプラグインのEPUBReader(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/epubreader/)があり、縦書きやルビなどにも対応しています。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。 

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 15:35| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「んみゃーち」の宮古島(6)

 下地島にはもう一つ見るべきものがある。それはジェット機が離着陸できる滑走路を持つ空港である。へえ、そんなの離島じゃ珍しくないと思っているあなた、滑走路のすぐ脇まで入っていき、巨体を間近から観察できる空港があるのだ。
 しかも、奇妙なことに気づくはずだ。離陸したジェット機は旋回しながら、同じ滑走路に向かって着陸態勢に入ってくる。轟音を立てながら、まさに真上を白い機体をさらしながら下りてくる。こちらに突っ込んで来るほどの近さで。写真を撮ろうとしたのだが、音と振動がすさまじく、シャッターを切り損ねてしまった。
 それだけじゃない。ジェット機が離着陸するなら、多数の乗客が移動するはずなのに、周囲には人影も乏しく、管制塔の白い壁が夏の光線に映えるばかり。あまりに閑散としている。
 実は、ここ下地島空港は、パイロット養成の訓練用空港なので、10分おきに離着陸が繰り返される。滑走路は海中に向かって伸び、誘導灯は沖合まで続いている。なるほど、パイロットになるのに費用がかさむわけだ。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:29| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする