2017年07月26日

EdgeでePubを読む

 電子書籍のePubは、国際的な標準規格として出発した。縦書きやルビなど、欧米の言語にはない日本語の書式も、ePub3以降は表示可能となった。現在では、iPadやiPhoneなどの携帯端末にダウンロードしておけば、オフラインの状態でも読むこともできる。
 一方、パソコンで読む場合には、紀伊國屋書店のKinoppy(http://k-kinoppy.jp/for-windowsdt.html)をインストールするか、ブラウザにプラグインをインストールする必要があった。Googleのchrome(https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html)なら、プラグインのReadium(http://readium.org/)を、firefox(https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/)ならプラグインのEPUBReader(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/epubreader/?src=search)が必要だった。Internet Explorerの場合、ダウンロードしたePubファイルは、拡張子がzipと表示されるので、ePubに変更して携帯端末や上述のブラウザで開く必要があった。
 ところが、Windows10の時代となり、OSに新しいブラウザEdgeが搭載された。これによって、ブラウザ上のePubのリンクをクリックするだけで、Edge上でePubが閲覧できるようになった。ツールバーの左から、目次、ブックマーク、検索の項目が並んでいる。表示は縦書きのルビ付き。ツールバーの右側には、フォントの調整、読み上げ、ブックマークの追加の項目がある。それぞれをクリックすると、使える機能が表示される。
 コンピューターによる自動読み上げまでついたのには驚いた。ただし、性能に関してはおまけ程度である。イントネーションがおかしいし、漢字の読み上げも間違えるし、ルビがあると漢字とルビを二重に読み上げてしまう。
 最近の読み上げソフトの進化はめざましいものがあり、ワープロソフトの一太郎プレミアム版に付属している詠太などは、ほとんど肉声に近い自然さで、ルビなどもきちんと読み上げる。それと比べれば、無料で配布されている読み上げ機能は、この程度の物なのだろう。
 最後に、全体的な感想を述べることにする。読み上げを別にすれば、EdgeによるePubの表示機能は、実用レベルの高水準にあると言える。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:27| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする