2017年07月19日

iOS版のKindleについて

 電子書籍のePubは汎用性があるが、AmazonのKindleでは、そのままの形では読み込めない。読み込むためには、Kindle Previewer(https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP/help/topic/A3IWA2TQYMZ5J6)でmobi形式に変換しておく必要がある。
 では、Amazom用に作られたmobiファイルを、iPadやiPhoneなどのiOS版のKindleで読み込ませるとどうなるか。縦書きの電子書籍なのに、横書きになってしまい、ルビがきちんと表示されないなど、様々な問題が生じるのである。
 iOS版のKindleの場合、amazonで販売されている電子書籍(azwやazw3)は、当然のことながら正常に表示される。自作のファイルを縦書きに表示するには、先述のKindle Previewerで、mobiからさらにazkに変換しなければならないのだが、一太郎で作成したmobiの場合、大抵変換に失敗する。原因が分からずに悩んでいたのだが、一太郎でmobiに変換する際の設定に問題があった。
 一太郎で電子書籍の元ファイルが完成したら、ePubてはなく直接mobiファイルで出力すること。その際に「リフロー」のタブで「フォント名をCSS出力する」という項目が、デフォルトではチェックが入っている。このチェックを外してから、mobiファイルとして保存しなければならない。
 こうして作られたmobiは、Kindle Previewerでazkに変換できる。出来上がったazkは、kindle Paperwhiteなどの専用端末では表示できない。あくまでも、iOS版のKindleで表示するためのファイルであり、iTunesでiPadやiPhoneに転送することになる。
 長年の謎が解けたわけだが、一般のユーザーに対しては、iOSの場合にはePub、Kindle Paperwhiteの場合にはmobiで提供すればいいだけの話である。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:58| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする