2017年07月11日

ふたたび沖縄へ(3)

 いったんユースホステルに戻り、サイクリングすることにした。もう十二時過ぎていた。ところが、あたりに食堂らしきものがない。そこで、かつて訪れた琉球村に寄ってみることにした。
 レストランで、豚肉とかまぼこを細く切って載せた八重山風そば、それにクファジューシー(炊き込みご飯)、モズク酢を食べた。一時二十分から、レストランの横にある広場で「迎恩」と題して、三線(さんしん)による沖縄民謡の実演が行われた。
「唐船(とうしん)ドーイさんてーまん いっさん走(は)えーならんしや ユーイヤナ 若狭町村ぬサー瀬名波(しなは)ぬタンメー ハイヤセンスルユイヤナ」
 現在沖縄の人が話しているのは、「ウチナーヤマトゥグチ」、沖縄風の日本語だから、本土の人が聞いてもまだ分かる。だが、民謡は生粋の「ウチナーグチ」(琉球方言)だから、ちょっと聞いてもちんぷんかんぷんだ。 「唐船ドーイ」の歌詞は、「中国船が来たと騒いでも、一目散に走り出さないのは、若狭町村の瀬名波のおじいさんだ」という意味に、独特の囃子詞がついてくる。沖縄風のラップみたいなもの。太鼓のリズムが非常に軽快で、意味がよく分からなくても、気分を高揚させてくれる。泡盛でも飲んでいれば、波に乗る気分で自然と手足が動き、カチャシーが始まる。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:06| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする