2017年06月10日

ぼくがダライラマ?(5)

 それからまたいつもの生活が始まった。ヤクの背中に乗ったぼくは、お父さんと一緒に、羊を放牧に出かけた。もうすぐ雨期が始まるから、動物たちもおなかいっぱい草が食べられるようになる。今年生まれた羊も、もう親の羊と一緒に草を食んでいる。
 夕方、家に戻る頃には、お母さんが夕食の支度をしていてくれた。しかも、いつになく料理の数が多かったから、素直に大喜びしていた。テーブルに並べられたのは、ツァンパとバター茶、それに羊のゆで肉だけではない。骨でだしを取ったモモ(水餃子)や、トゥクパ(肉うどん)が出てくる日もあった。ぼくは辛いのが苦手だけれど、お父さんはそれにチーズと唐辛子、生姜をたくさん入れていた。
 また、別の日には、近所で分けたヤクの肉で、お母さんはカレーを食ってくれた。僕のために、薄甘いクーラ(パンケーキ)を焼いてくれ、ヤクの乳で作ったヨーグルトも出してくれた。お父さんはとびきり上等のチャン(麦酒)を飲んでご機嫌だった。何だか急にお金持ちになったみたいだった。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 10:42| Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『バベルの図書館』をめぐって(pdf)

 アルゼンチンの作家ホルヘ・ルイス・ボルヘスが選んだ世界文学全集『バベルの図書館』について、自由な形で書いたエッセイを一冊にまとめました。今回パソコンですぐに開けるpdf形式でアップロードします。元の作品を読んでいなければ分からないというわけでもないので、気軽に読み流していただければと思います。
 以下のリンクからダウンロードし、保存してからお読み下さい。
Babel.pdf

 iTunesからダウンロードする場合は、マイミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。大部分のパソコンにインストールされているAdobe Readerで読むことができます。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:35| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする