2017年06月08日

西表島は日本のアマゾン(10)

 翌日はよく晴れ上がり、南国の強い日射しで、存在すべてが白く色あせていた。同室の彼はレンタルバイクを借りて、浦内川の方へ出かけていった。僕は昨日の女性たちと一緒に、島の北端にある星砂の浜へ、みどり荘のワゴン車で送ってもらった。
 なぜ星の形の砂が出来たかというと、バギュロジプシナという有孔虫の殻が集まっているからだという。生きているときは肌色をしているが、死ぬと白いカルシウムの殻だけが残る。ロマンチックな形をした砂は、単細胞生物の死骸だったのだ。
 沖には鳩間島が霞んで見える。潮が引くまでにはまだ時間があった。レストハウスでマンゴージュースを飲んだあと、木陰で腰にタオルを巻いて水着に着替えた。シュノーケルの方は、まだ十分に使いこなせてはいない。浅瀬で軽く練習してから昼食を取った。
 潮が引き始め、沖のリーフも見え始めた。借りたフィン(足ひれ)は歩くときには不便で、つまずいてしまいそうになった。そこで、フィンを手に持ち、ゴム草履で珊瑚の上を歩いていったら、足を何ヶ所も出血してしまった。珊瑚は割れた陶磁器のように鋭い。結局、歩きにくくてもフィンをはいているのが安全だということが分かった。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:04| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高野敦志編『高野邦夫詩撰』(pdf)

 高野邦夫は昭和3(1928)年、現在の川崎市幸区に生まれました。太平洋戦争末期に予科練に入隊。戦場に送られる前に終戦を迎えました。戦後は国語の教員を務めるかたわら、詩を書き続けました。日本詩人クラブや俳人協会の会員でした。平成9(1997)年、敗血症で亡くなりました。享年68歳でした。生前刊行された父の詩集、および遺稿から選び出した詩篇を『高野邦夫詩撰』としてまとめました。今回はパソコンでも簡単に開けるpdf版をアップロードいたします。パソコンに保存してからご覧下さい。
 なお、iTunesでダウンロードした場合、マイミュージックの下にiTunesのフォルダがあり、iTunes Music、その下にpodcasts、さらにその下のフォルダにpdfファイルは入ります。ダブルクリックすれば、Adobe Readerですぐに読めます。フルスクリーンモードで表示すると、モニターでも読みやすいと思います。下のリンクをクリックして下さい。
kunionoshi.pdf

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:12| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする