2017年06月28日

ぼくがダライラマ?(9)

          二

 ラサまでの道のりは、延々と続くはずだった。日が西に傾きかけた頃、お母さんとぼくを乗せたヤクは、外壁の崩れた山門をくぐっていった。今夜はここで泊まるのかと思った。寺の本堂からは、経文を唱える小僧の声が聞こえてくる。
 通された庫裏で、出されたバター茶を飲んでいたが、初老の役人はいつまでたっても現れなかった。お母さんの顔を見ると、不安そうな様子で落ち着きがない。ぼくはたまらなくなって、境内の方に走っていった。乗ってきたヤクの姿はなかった。牛飼いもどこに行ってしまったのか。
 小走りで部屋に戻ってくると、ちょうどこの寺の僧院長が、お母さんと話し込んでいるところだった。あごひげも白髪交じりだが、目だけはぎらぎら光っている。
「では、私たちはいつまでここにいるんですか」
「さあ、聞きたいのは拙僧の方だよ。ラサからお達しがあるまでは、あんたたちの世話をするように命じられているんだから」
 ぼくが座り込むと、あごひげのお坊さんは顔を眺め回して、頭の方に手を伸ばしてきた。その途端、お母さんはぼくのことを抱きしめた。寺ではどんなことが行われているか、聞き知っていたからだろう。それを見て不愉快そうに肩を上げると、大きな息を吐いて下がっていった。
 僧院長がいなくなると、お母さんはぼくの体を放して、袖口で涙をふいていた。だったら、お父さんのいるうちへ逃げ帰ればいいのに。ぼくが耳もとでささやくと、お母さんは黙って首を振った。寺の山門には見張りの僧兵もいたし、そんなことをしたら、どんな仕返しをされるか分かったもんじゃない。こうして、お母さんとぼくの幽閉生活が始まった。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:04| Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《Gateway Experience》私見(pdf)

「体外離脱」を探究したロバート・モンローと、左右の脳を同期させるヘミシンクの技術、宗教的な変性意識が体験できる《Gateway Experience》、死後の世界を探索できる《Going Home》などについて、実践する場合に知っておくとよいことや、僕自身が体験した上での私見をまとめてみました。関心は持っているが、自身でやるかどうか迷っている場合などは、参考になるのではないかと思います。
 今回はパソコンですぐに開けるpdfを公開します。以下のリンクからダウンロードして下さい。
 以下のリンクから、ダウンロードできます。
Gateway.pdf

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:41| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

William BuhlmanのThe Secret of the Soul(2)

 体外離脱の際に、うなるような音が聞こえるのは、チャクラを通って内側の層から、肉体にエネルギーが流入しているからだという。インド人が「プラーナ」、中国人が「気」と呼ぶエネルギーも、より希薄で高周波の世界のエネルギーが、濃密で低周波の物質世界に流れ込んだものらしい。ヨーガにおけるクンダリーニの上昇も、同じ原理で発生するのだという。僕の場合、「エネルギー・バー・ツール」を心臓のチャクラに当てて、エネルギーの流入を促したことで、非物質的な次元に移動したような感覚を得た。
 普通、人間は肉体が死んだらおしまいと考える。ところが、ブルーマンによれば、物質世界に生まれるのは、魂の成長のためであって、大多数の魂は肉体を持っていないのだという。「金縛り」の状態で人の姿が見えれば、「幽霊が出た」と大騒ぎするが、それは非物質的な次元に存在する生命体が、我々の目に見える形で仮に姿を現したに過ぎない。
 体外離脱の際に、さまよった死者の魂に出くわすことがあるが、大半は無害な存在だという。何か尋ねられた場合は、天上に光を求めて、魂の本源である「ハイアー・セルフ」に回帰するように勧めればいいそうだ。非物質的な次元では、考えたことがすぐさま具現化するので、身を守るために自らを、光の発する「レゾナント・エナジー・バルーン」で包んだり、「エネルギー・バー・ツール」を武器に変えたり、相手に対して無償の愛を抱く方法があるようだ。
 僕自身も何度か体外離脱を経験し、覚醒夢も見たりしたが、ブルーマンによれば、それは「アストラル体」(感情体)を体験したに過ぎないことになる。しかも、体外離脱している際に見ているのは、物質世界そのものではなく、物質の下部構造であるエネルギーなので、現実の世界に似ていても、現実と同じだとは限らない。
 人間の多くは死ぬと、現実とそっくりな世界(信念体系領域)に赴く。そこはとらわれの世界であり、周波数のより低い次元である。「ハイアー・セルフ」を求めて、魂の本源にたどり着けば、自在に変容する力を持つことができる。そのためにも、生きているうちから、物や形に対する執着を捨て、すべての存在と自分自身を許すことが必要だという。

参考文献
William Buhlman"The Secret of the Soul" (amazon)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 05:09| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする