2017年05月23日

鶴見線の小さな旅(2)

 土曜日の昼下がり、「鶴見」駅から電車に乗った。以前とは異なり、エアコン付きで快適な3両編成が来た。もし全線踏破したいなら、午後4時過ぎの「海芝浦」行きに乗るといい。発車してすぐに、廃駅である「本山(ほんざん)」駅の遺構の脇を通過し、東海道線や京浜東北線、京浜急行線を鉄橋でまたいで「国道」駅に到着する。
「鶴見小野」駅を過ぎると、工業地帯に入るが、古い埋立地のために、樹木もところどころ茂っている。「弁天橋」付近には、鶴見線の車両基地が広がっている。次の「浅野」駅は、本線と海芝浦支線の分岐点となっている。僕の乗った列車はカーブして、「新芝浦」駅に入る。駅名は「東京芝浦電気」、今の「東芝」に由来する。複線はそこまでで、埋立地の海沿いを急カーブで曲がる頃、レールは単線となっている。ほどなく「海芝浦」駅に到着。
 この「海芝浦駅」は鉄道ファンには、ちょっとした人気スポットとなっている。駅のプラットフォームが岸壁の上にあり、東京湾や首都高の湾岸線、鶴見つばさ橋が一望できるという景色の良さもさることながら、改札口から一般人は下りられないという、稀有な駅だからである。というのも、改札口の先が東芝の社有地となっているからである。
 ただ、余りに有名になってしまったため、「海芝浦」」駅を訪れる鉄道マニアのために、海岸沿いの一郭が公園として開放された。だから、厳密には改札口から出られない駅ではなくなった。
 もし「海芝浦」駅を訪れるなら、よく晴れた昼下がりがいい。海風に頬を撫でられていると、元気のいい魚が海面からジャンプするさまが見られる。とにかく、この駅が鶴見線随一の眺望の良さを誇るのである。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:49| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「と」「ば」「たら」「なら」の違い

 人間は似ていることを区別するのが苦手である。フランス語を勉強していた頃、フランス語の単語を思い出そうとすると英語の単語が浮かび、英語でしゃべろうとすると、フランス語の単語が邪魔をした。
 同じようなことは、中国人の日本語学習者が、日本語で文章を書いているときにも起きる。中国語の簡体字が混入してしまうのである。また、中国語で話しているのに、日本語の漢語が混じってしまい、国の友人に怪訝な顔をされたという話も聞く。


 松尾芭蕉の俳句に

 物言へば唇寒し秋の風

というのがある。
 人の短所を言ったりすると、後味が悪いものだという格言のように使われるが、「物言へば」の部分は、現代語なら仮定条件を表す「仮定形」で「物を言うなら」だが、芭蕉の俳句は文語だから「已然形」で確定条件となり、「物を言ったので」ぐらいの意味となる。
 文語の場合、仮定条件を表すなら、「未然形」に接続する。「物言へば」ではなく、「物言はば」となるのである。慣用句の「言わば」は、「たとえて言ってみれば」という意味で、現代語なら、仮定形で表されるところなのである。古典の授業で習ったことを忘れると、この辺の違いが分からなくなってしまう。


 名にし負はばいざ言問はむ都鳥
  わが思ふ人はありやなしやと

 東京の浅草に言問橋という橋があるが、この和歌は『伊勢物語』の中で、在原業平とされる主人公が、都鳥という名の鳥に向かって、「名前に都とついているなら、都鳥よ、質問しよう、私の大切に思う人は無事かどうか」と問うたものである。都鳥というのはユリカモメのことで、「これなむ都鳥(これこそ都鳥です)」と聞いたばかりだからこそ、「名にし負はば(名前についているなら)と、詠んだのである。


 現代語の「春になれば桜が咲く」は、文語の已然形に由来する「恒常条件」である。「春になると桜はいつも咲く」のである。一般に、「ば」を従属節に用いる表現では、主節に意志や希望、命令の表現は来ない。
「もし雨が降ってくれば、キャンプは中止しなさい」は非文となる。その場合、「もし雨が降ってきたら」というのが正しい表現となる。にもかかわらず、従属節の用言が「ある」など状態性の動詞や形容詞なら、「質問があれば、手を挙げてください」「安ければ、買いたいです」と言えてしまうのである。
 このように、「と」「ば」「たら」「なら」の区別は煩瑣を極め、日本語話者であっても、文法的な使い分けを説明するのは、容易なことではない。
 そこで、「基本的な用法」と「応用的な用法」に分けて整理してみた。網羅的に学習するのは難しいが、よく用いられる表現を一通り押さえておけば、自分が表現する際の誤用は避けられる。上級の日本語を学習している外国人学生や、日本語を教えている方は、参考にしていただきたい。

 以下のリンクからダウンロードできます。
tobataranara.pdf

 iTunesからダウンロードする場合は、マイミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。大部分のパソコンにインストールされているAdobe Readerで読むことができます。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





posted by 高野敦志 at 01:49| Comment(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする