2017年04月24日

石垣島のイトマンジー(6)

 おじさんは四時頃に帰ろうと言っていた。だけど、僕は「もう少し潜っていたい」と言い張った。四時半頃に戻ろうとしたら、すでに潮が満ちてきていた。イトマンジーは島に戻っていたのだ。
 腹近くまで海水に浸かりながら、対岸まで戻らなければならなかった。外海だったら、こんな危険は冒せないけれども、沖縄では珊瑚礁の内側では波がない。ただ、足元の生物をうっかり踏んづけたりしないように進んだ
 夕食のあとは、ペアレントさんの話を聞いていた。ご夫婦で話しているのが、まるで漫才のようだった。家族的なところが、このユースホステルのいいとこころだ。二人はここの自然に魅せられて、本土から移り住んだらしい。
「風速七十メートルも吹くと、電柱が倒れてしまうのよ。十日も停電したことがあってね。トタン屋根も飛ばされて、歩いてたおじいの首を切ってしまったのよ」
 ナイチャー(本土の日本人)には、とても現実とは思えない話だ。僕の疲労も限界に達していた。目をつぶると、昼間見ていた熱帯魚の姿が見えた。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:02| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

ぼくはネコなのだ(27)

 ぼくが柿の木と屋根の間を、行ったり来たりしていると、おなかがいっぱいのはずの兄貴まで一緒になって、屋根の上で飛び跳ねるのだった。体の重い兄貴がジャンプしたものだから、家の中はどれだけ騒がしかったことだろう。
 裏口から髪の短いおじさんが出てきた。柿の木の下から見上げている。ぼくが柿の木に飛び移ると、兄貴も屋根の端から顔をのぞかせ見下ろしている。
「ほんとに、こいつら中に入れろって言ってるよ」
 おじさんが開けっぱなしのドアに向かって、言った。すると、おばさんに手を引かれたおばあさんが、よろよろしながら顔を見せた。
「あらまあ、本当に生きてるわ」
 しわだらけの顔は笑っていない。おばあさんは、ぼくたちのこと、あまり好きじゃないんだなと思った。兄貴も柿の木に移ってきて、とまどっているぼくを尻目に地面に飛び下り、おばあさんの横をすり抜けると、さっとうちの中に入っていった。ぼくもあとに続いた。
「やっぱり外は寒いのよ」
 おばさんが言った。奥まで進むと、兄貴の言ってた暖かい箱が見えた。近づいていくと、おじさんがにこっとして、いい匂いがする肉の塊を差し出した。ぼくにくれるのかと思い、恐る恐る近づいていくと、今度もまた兄貴に食べられてしまった。
「ひどいよ、兄ちゃん!」
 ぼくは思い切り不満の声を上げた。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:57| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

桃太郎生まれず

 むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんがいました。おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。その二人を密告した者がおりました。おじいさんは国司の林で薪を取った罪で、おばあさんは流れてきた桃を勝手に持ち帰った罪で検非違使に捕らえられ、ともに獄死してしまいました。押収された桃も、何者かが食べてしまいました。
 その頃、都では人に化けた鬼が重税を課して、民を苦しめておりました。本来なら桃太郎が生まれて、鬼どもを退治するはずだったのですが、国の乱れは治まることなく、いつになったら正義がもたらされるのかと、帝は御心を悩ませ給うのでした。めでたくなし、めでたくなし。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:22| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする