2017年03月23日

米軍基地の間を抜けて(7)

 海岸に出た。真っ白な砂浜に、エメラルドグリーンの海が広がっている。砂の色が白いのは、砂が珊瑚の破片から出来ているからだ。沖には伊江島が望める。平和な光景に見えるが、あの島も沖縄戦の激戦地で、島の六割は米軍基地で占められている。
 水中メガネを使って、海の中を覗いてみた。ピンク色の小魚がたくさん泳いでいる。これがスクと呼ばれるアイゴの稚魚で、塩漬けにして「スクガラス」という名で売られている。島豆腐の上に載せられている奴だ。
 水遊びしたあと、沖縄そばを食べた。そばと言っても、そば粉が入っているわけではない。小麦粉で作られた麺で、うどんとラーメンの中間のような食感だ。スープは鰹と豚のだしを取ったもので、淡泊でさっぱりしている。醤油と砂糖で煮付けた豚肉は味が濃いめで、スープとのコントラストが生きている。泡盛に島唐辛子を漬け込んだコーレーグスという調味料をかけると、風味が増しておいしい。
 沖縄そばのあとは、シークヮーサーというヒラミレモンのジュースを飲み、小麦粉に卵と黒砂糖を入れて薄く焼いたポーポーや、黒砂糖の代わりにニラや味噌を入れたヒラヤーチー(平焼き)も食べてみた。癖のない、素朴な味わいの菓子である。
 バスの時間が気になったが、水族館だけは見ることにした。大きな鮫は迫力があったが、何と言っても圧巻は、巨大なマンタ、和名オニイトマキエイの泳ぐ姿だった。三角形の翼で悠然と泳ぐ姿は、素晴らしいの一言に尽きる。黒い翼の端から端までは、三メートルはあっただろう。これは台湾に近い、西表島の周辺海域に生息するという。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:36| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする