2017年03月09日

電子書籍に音声を組み込む(3)

 ePubにオーディオを組み込む方法を紹介したわけだが、ちょっとした疑問に突き当たった。アプリやブラウザによって、音声の再生の仕方が全く異なるという点である。ePubはhtmlのファイルをzip形式で圧縮し、拡張子をepubに変更しただけであり、きわめて汎用性が高いのに、である。
 実は、ePub3は音声を組み込む仕様にはなっておらず、あくまでも拡張機能だという点である。そのために、音声を再生する方法がまちまちになっているのである。私が紹介したように組み込めば、firefoxにプラグインのEPUBReaderを組み込んだ場合や、紀伊國屋書店のKinoppyではWindows版やiOS版においても、当該のページに埋め込まれた形でプレーヤーが表示され、コントロールできるのである。
 ところが、iOSのiBooksでは同じファイルなのに、ブレーヤーが画面の中に現れないのである。何かが間違っているのか、不完全なのかと考えた。ネット上のオーディオ入りのePubでは、プレーヤーが表示されたため、ますます分からなくなった。
 先ほど、ようやくその謎が解けた。iOS 10で、コントロールセンターが刷新されたことが関係していたのである。オーディオが埋め込まれたePubでは、埋め込み位置に関係なく、画面下からコントロールセンターを引き出し、左にずらすと、iBooks用のプレーヤーが現れるのである。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:51| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする