2017年03月07日

電子書籍に音声を組み込む(2)

 では、pdfの電子書籍を作る場合はどうかというと、一太郎ではePubの場合と状況はほとんど同じである。一太郎で音声ファイルを組み込んでも、音声が再生可能なpdfに加工されないのである。
 そのためには、一太郎のプレミアム版に付属してくる「JUST PDF[編集]」が必要となる。一太郎で編集してpdf形式で保存したら、それを「JUST PDF[編集]で開く。音声を挿入したいページに移動して、「注釈」のタブを開く。「音声ファイル」のボタンを押し、挿入したい箇所でクリックすると、「音声ファイル添付」と出るから、「音声ファイルを使用する」の方にチェックを入れ、「参照」で音声フィイルを指定する。挿入できるのはwavファイルのみである。アイコンの色など細かな指定もできる。保存したら、AdobeのAcrobat Reader DCで開いて、実際に音が出るか確認してみよう。
 AdobeのAcrobat DCなど高価なソフトを使用しなくても、一太郎のプレミアム版を購入するだけで、pdfの作成や編集ができるわけだから、購入しておいて損はないだろう。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:25| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする