2017年02月19日

「パティ・サマーズの動物たちと話そう」

 日本テレビの『天才! 志村動物園』には、動物の言葉を理解するハイジという女性が登場する。彼女はペンギンや水族館の魚の感情も、テレパシーで感じ取れるという。このCDの英語版を作成したパティ・サマーズも、そうしたアニマルコミュニケーターの一人である。
 言語に見られる意味と音による「二重分節性」──意味による最小単位である記号素と、音の最小単位である音素に分節され、限られた音素によって無限の現象を表現できるという特性を、人間の言語は持っている。動物の鳴き声の場合には、特定の鳴き声が特定の意味を直接表しているので、伝えられる内容は鳴き声の種類に限定されてしまう。
 ただ、動物とコミュニケーションする場合、言語ではなく、動物の感情を目の表情や鳴き声、仕草から読み取るのである。モンロー研究所の《ゲートウェイ・エクスペリエンス》には「非言語通信」の訓練が収録されているが、ペットの感情を直観的に読み取ることは、動物を飼い慣れた人なら、日常からやっていることなのである。特に、犬や猫などの高い知能を持つ動物なら、コミュニケーションすることは難しくない。
 今回、半信半疑でこのCDを買って、実際に使ってみた。トラック1では動物とのコミュニケーションの実例が挙げられる。トラック2は実際の訓練である。基本は頭上と足から地球のエネルギーを取り入れて、体内の気の流れをスムーズにする。胸にあるチャクラを活性化し、心を開いてイメージ化した動物を招き寄せる。動物は現在飼っている動物でも、かつて飼っていた動物でも構わない。その動物をイメージしたら、動物になりきって、動物の体の中から何が感じられるかとらえる。
 僕の場合、かつて飼っていた柴犬をイメージし、胸の中に招き入れた。十八年半も生きた犬なので、二十年近く経った今でも、よく覚えている。ヘミシンクと音声による誘導で、意識の深いところに眠っていた記憶、かつて感じていた思いと、犬が僕に対して感じていたであろう感情がよみがえってきた。動物が人間に示す「無償の愛」が伝わってきた。『天才! 志村動物園』で、ハイジにペットの気持ちを伝えられた飼い主のような自分を発見した。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://itun.es/i672449 #iTunes

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:36| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする