2017年02月04日

行き倒れの猫

 我が家の庭で生まれた子猫は、すっかり家猫になってしまった。家に入れる前は玄関脇に小屋を置いて、雨露をしのげるようにしていたのだが。子猫がかつていた小屋は、そのまま空き家となっていた。ある日、そこに一匹の老いた猫が、行き倒れのようにたどり着いた。
 その猫は白と黒のまだらで、目つきはきついが、やせ衰えた上に咳をしていた。子猫たちはストーブの前でぬくぬくしているのに対し、あまりに対照的な身の上なので、妹は情けをかけずにはいられなかった。
 キャットフードを与えた上に、寒いだろうと湯たんぽまでしてやったのだ。体力が落ちていたので、与えた餌も食べきることができなかった。しゃがんで近づくと、野良猫らしく威嚇の声を出した。それでも餌を食べることで、少しは体力を回復していき、昼間は庭で日向ぼっこをしていた。
「あの猫、まさか」
「そうよ。子猫たちを追い払おうとしていた猫よ。あの頃はまだ肉がついていて威張っていたのに、こんなにやせ細っちゃって」
 まだらの野良猫は、我が家の玄関先に居着いたように見えた。ただ、相変わらず食は細く、乾いたキャットフードは喉を通りにくいようなので、猫用の肉の缶詰に少しお湯を入れて、軟らかくして食べやすいようにしたら、喉を通ったらしかった。
 次の日の午後、妹が水まきをしていると、猫はすうっと庭から出ていった。その日の夕方、餌の時間になっても現れなかった。そのまま、二度と姿を現さなかった。薄汚れて衰えたあの姿では、誰かに可愛がられてはいないだろう。
 通りに出たまま力尽きたのか、自身の最期を人に見られたくなかったのか。なついたわけではなかったが、猫が消えたことはしばらく心に引っかかっていた。ただ、あのまま放置せずに、せめて最後においしいものを食べさせてあげたことが、せめてもの慰めになったのだった。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:17| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする