2017年02月01日

Max Corbachoの《Future Terrain》

 スペース・ミュージックのミュージシャンとして知られるマックス・コルバッチョ Max Corbachoが、2015年の3月にリリースしたアルバム。これまではダウンロードのみで販売されてきたが、今回、73分の完全版がダウンロードと、限定版のCDという形で発売された。
 コルバッチョの《BreathStream》でも感じたことだが、宇宙が生命および意識を持っているかのように表現されている。明るさと暗さ、優しさと厳しさといった二元性を統一した、宇宙のダイナミックな力が胸を打つ。完全版はリマスターされており、音の透明さと重低音の響きがよく伝わってくる。イヤホンではなく、ヘッドホンや大きなスピーカーで体感してほしい。
 なお、CDは海外からの送料がバカにならない。CDと同じ音質を望むなら、bandcamp(https://bandcamp.com/)のページからApple Losslessのファイルをダウンロードしよう。mp3もダウンロード可能だが、うねるような重低音を味わいたいなら、Apple Losslessが最適である。なお、《Future Terrain》はAmazonからもダウンロードできるが、これは2015年の4月に発売されたリマスターされていない音源である。
 ちなみに、Amazonプライムの会員なら、《Ars Lucis》と《Cosmic Traveler》をmp3の形式ではあるが、無料で聴くことができるので、もし会員になっているなら、ぜひ聴いてみてほしい。後者はコルバッチョのアルバムにヘミシンクという脳波誘導の信号が埋め込まれおり、宇宙飛行士になって旅しているような感覚を味わえる。作曲者がMonroe productsとなっているのは、そのためである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:49| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする