2017年01月23日

Quick and very powerful fire meditation for awakening your solar plexus chakra

 Amazonプライムで見られるチャラ関連のビデオでは、以前《Muladhara - Very powerful Root Chakra Meditation》を紹介した。今回は臍の少し上のみぞおち、太陽神経叢(そう)にあるマニピュラ・チャクラを覚醒させるビデオである。監督は同じくMarkus Hermannsdorferで、提供もGolden Ganesha Meditation Productionsである。
 目を閉ざしてゆっくりと呼吸し、太陽神経叢に手を置いたら、体の中心からは温かさが、脊髄の付け根からは大地の不動の力が、さらに、腹部からは水の流動性が伝わってくるのを感じること。
 大地と水のエネルギーが合体し、上昇して太陽神経叢の暖かい火に溶け込んでいく。火は力強く明るく燃え上がり、体を温め、食物の消化を助けてエネルギーを補給する。
 このチャクラこそ自分自身の中心であり、意志と個人的な力が存在する。家族や部族との絆を断ち切り、世界にただ一人しかいない個人、自分自身になるのだ。
 頭頂の方からヴィジョンや考え、意識の流れが太陽神経叢に下りてきて、火を美しく燃え立たせ、導き、世界に向かって広がっていくのを感じよう。マニピュラ・チャクラは変化する力が存するところである。
 背筋をまっすぐにしてリラックスし、太陽神経叢のチャクラを覚醒させる、力強い火の瞑想を楽しもう。
 ビデオの注意事項を意訳してみた。燃え上がる炎の力と音に意識を集中しよう。視覚と聴覚を同期させ、さらには嗅覚や触覚まで呼び起こそう。これを護摩の火に見立て、さらには自分自身が護摩の火であると観想しよう。密教では護摩壇で燃えさかる炎を「外護摩」、自分自身の心で燃焼させる炎を「内護摩」という。「外護摩」と「内護摩」を一体化して、自分の煩悩を燃やして昇華していこう。
 やがて火は落ちていくけれども、温かさは体の中央に留まり、太陽神経叢に手を置くたびに感じるはずだ。必要なときにはいつでも、点火することができるだろう。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:31| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする