2017年01月19日

黒部峡谷パノラマ展望ツアー(7)

 帰路のトロッコ列車では、乗客はみんなぐったりしていて、カメラを構えることもせず、うとうとしている人が多かった。宇奈月に戻ってきた。富山地方鉄道の宇奈月温泉駅の方に向かい、旧山彦橋の遊歩道に行こうと友人を誘った。そこはかつて黒部峡谷鉄道が走っていたルートである。旧線の橋を渡っていると、ちょうどよくトロッコ列車の上りが、高い橋を渡ってきたので、うまく写真に収めることができた。
「でも、どうして新しい橋を渡したの?」と友人に問われて、すぐに答えられなかったが、旧線のトンネルをくぐって、宇奈月ダムが見えたところで分かった。ダムが出来たから、線路が水没するのを防ぐため、路線を変更したのだろう。
 鉄道が走っていたトンネル内を歩きながら、あり得ない空想に身をゆだねた。過去と現在が重なり合い、トロッコ列車が旧線のトンネルを走ってきたとしたら……。SFではそんな設定が出てくるものだ。
 旅もようやく終わりに近づいた。宇奈月温泉駅前に戻り、富山地方鉄道に30分乗って新黒部駅に戻ってきた。徒歩で北陸新幹線の黒部宇奈月温泉に移動し、18時45分発のはくたか東京行きに乗ったのである。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:02| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする